ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > レム東京京橋、客室設置型タブレット「イータブ・プラス」

レム東京京橋、客室設置型タブレット「イータブ・プラス」

投稿日 : 2019.04.03

東京都

インバウンド

株式会社ミライトは、客室設置型タブレット「ee-TaB*®(イータブ・プラス)」を、株式会社阪急阪神ホテルズが本日4月3日より新たに開業する眠りにこだわるホテル「レム東京京橋」の全客室272室に導入し、同日よりサービスを開始した。

4月3日より全客室272室にてサービス開始

レム東京京橋は、東京駅から徒歩約7分という交通至便な立地、国内有数のオフィス街にありながら、歴史文化施設からショッピングまで観光資源にも恵まれたエリアである東京京橋に、眠りにこだわるホテルとして開業。

宿泊者が五感を通じて「よい眠り」を実感できるよう、ホテルエントリーからチェックアウトまで、すべてが眠りのためにデザインされている。

観光はもとよりビジネス、出張をよりプレミアなものにしたいとの考えから、「Premium Cool」をデザインコンセプトに、3タイプのカラースキームを持った客室に、日本ベッド製造(株)と共同開発したオリジナルの高品質マットレスを用いたベッド、オリジナルの「快眠機能枕」を常備している。

また、リラクゼーション効果が高いレインシャワーを、全客室に設置。
その全客室内に設置するイータブ・プラスでは、タブレット端末を通じ、宿泊客は周辺観光情報、ホテル施設案内など、様々なコンテンツを多言語で利用することができる。

イータブ・プラスは、ミライトとテックファーム株式会社が共同開発したタブレットサービス。ホテルや旅館の客室にタブレットを設置し、多言語コンテンツを配信するサービス。

主なコンテンツは、観光案内、天気情報、観光スポット案内や、動画、路線図、電子書籍、地域コンテンツなど。

施設ごとにカスタマイズが可能なため、立地環境やメインターゲットにあわせ、ホテルで催されるイベントと連動した内容を表示するなど、最適なメニューを揃えられる。

【レム東京京橋 概要】
開業日:2019年4月3日開業
所在地:東京都中央区京橋二丁目6番21号
客室数:272室(全室禁煙)<シングル73室、ダブル 134 室 ツイン 65室>
アクセス:東京メトロ銀座線京橋駅6番出口前・都営地下鉄浅草線宝町駅より徒歩3分、東京駅八重洲南口より徒歩7分

【合わせて読みたい】

阪急阪神ホテルズ「レム東京京橋」2019年4月3日(水)開業

ミライトが提供するホテル向けトータルソリューションとは

客室設置型タブレットを周辺飲食店と連携、デリバリー注文可能に

関連記事