ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 楽天トラベル、2019 年間人気温泉地ランキング

楽天トラベル、2019 年間人気温泉地ランキング

投稿日 : 2019.12.12

群馬県

静岡県

大分県

ホテル関連ニュース

旅行予約サービス「楽天トラベル」は、「2019年 年間人気温泉地ランキング」を発表した。年間の宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)を温泉地ごとにランキングした。

静岡県「熱海温泉」大分県「別府温泉」が6年連続1位2位

出典:楽天

全国屈指の知名度と湯量を誇る、静岡県「熱海温泉」が 6年連続で堂々の1位を獲得した。首都圏からのアクセスの良さに加え、多彩なレジャーを楽しむことができることから、カップルや子ども連れに 1 年を通して人気の温泉地。特に若年層が全体の成長をけん引しており、10代の宿泊人泊数は前年同期比+33.0%(約1.3倍)、20代は+16.5%(約1.2倍)だった。

メトロエンジンリサーチによると、熱海市では新規開業予定が5施設、部屋数にして539室が新たに供給される見込み。

出典:楽天

2位には、大分県の「別府温泉」が同じく6年連続でランクインした。航空券と日本全国の楽天トラベル登録宿泊施設やレンタカーを自由に組み合わせて作るダイナミックパッケージ「楽パック」の利用が前年対比+26.7%(約1.3倍)と好調だった。

また、ラグビーの国際大会が開催された10月単月では+53.6%(約1.5倍)と大きく伸長した。別府には大分県で初となる外資系ラグジュアリーブランドホテル「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」をはじめ、集計期間中に10軒以上の宿泊施設が新規にオープンしており、今後ますますの発展が期待されているという。

メトロエンジンリサーチによると、別府市では新規開業予定が4施設、部屋数にして503室が新たに供給される見込み。

出典:楽天

3位の群馬県「草津温泉」は昨年から順位を1つ上げた。2019年は、前年に好評を博した「混浴の日」を「西の河原露天風呂」で定期開催へと変更し、また4月には日本一の急勾配を誇る大型ジップラインがオープンするなど、様々な催しや観光スポットが誕生。全体では、女性一人旅が前年対比+26.4%(約1.3倍)、複数旅が+18.1%(約1.2倍)と、女性の旅行客が全体の伸びをけん引した。

メトロエンジンリサーチによると、草津町には新規開業予定が確認されなかった。

【合わせて読みたい】

Reluxが年間人気宿ランキング「Relux OF THE YEAR 2019」発表

ゆこゆこが直近1年の全国の人気温泉地ランキングを発表

次世代型宿泊特化ホテル「プリンス スマート イン 熱海」開業

別府市の高級宿「GAHAMA terrace」が新館を増築開業

関連記事