ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > パークホテル東京、POCKO PARK “SOUND OF WAVES”展

パークホテル東京、POCKO PARK “SOUND OF WAVES”展

投稿日 : 2019.03.07

東京都

ホテル関連ニュース

パークホテル東京は、アートを媒介に日本の美意識のひとつでもある「設え」によるおもてなしを実践。日本の四季を表現する展示会ART coloursを年4回開催しており、その第29弾として2019年6月3日(月)から9月1日(日)まで、『POCKO PARK “SOUND OF WAVES”展』を開催する。

ひと夏の偶然の出会いにより溶け合う日本と欧州のアート

出典:芝パークホテル

夏は、日が長くなり、気温も高まり、無限の可能性がひらかれる季節。偶然に引き寄せられた夏の出会いは、人生の転換点にもなる。そんな季節を、クリエイティブ・プラットフォーム「Pocko(ポコ)」によるキュレーションで表現。

様々なバックグラウンドを持つ国際色豊かなアーティストたちによる作品が一堂に会し、写真、絵画、イラストレーション、アニメーション、彫刻作品など様々なメディアのコラボレーションを通じて、日本とヨーロッパの間の橋渡しとなる。

「アートラウンジ」では展示期間限定で展示作品とコラボしたデザートを、バー「ザ ソサエティ」では展示会オリジナルカクテルを楽しめる。夜には高さ30mの壁面に、展示作品をモチーフにした迫力ある映像を投影する。

パークホテル東京でのひと夏の偶然の出会いによりひとつに溶け合った日本とヨーロッパのアート。そのコラボレーションが生み出す新たなエネルギーを楽しめる。

期間:2019年6月3日(月)から9月1日(日)まで 無休 11:00~20:00

※プロジェクションマッピングの投影は日没~22時を予定

会場:パークホテル東京 25F / 31F(東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー)

料金:入場無料

※臨時イベントにより会場内入場の時間制限などを設ける場合も有

出品作家:

Michela Picchi / Masanori Ushiki / Linn Fritz / Kyoko Hamada / Marco Oggian /Paul Bower / Hiro Sugiyama / Svetlana Fialova / Ichiro Kono / Martin Holtkamp / Nomoco /Van Santen & Bolleurs / Vasty / Keenue / Geray Mena / Atsuhide Ito / Bijou Karman /Lobulo Studio / Niky Roehreke / Haruna Kawai他、出品予定

キュレーション:Pocko(ポコ)

主催:パークホテル東京

なお、現代美術のホテル型アートフェア「ART in PARK HOTEL TOKYO 2019」(AiPHT 2019/アイファット2019)が2019年3月9日(土)・3月10日(日) の日程で、パークホテル東京にて開催される。

【合わせて読みたい】

「ART in PARK HOTEL TOKYO 2019」2019年3月9~10日開催

関連記事