ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

ヒルトン九州2軒目「ヒルトン長崎」2021年秋開業

松藤グループの株式会社グラバーヒルとヒルトンは、「ヒルトン長崎」の開業に向けてフランチャイズ契約を締結したことを発表、2021年秋に開業を予定する。現在ヒルトンは、日本では北海道から沖縄まで現在16のホテルを展開、同ホテルは九州では2軒目となる。

上海虹橋国際空港、顔認証自動チェックインを導入

年4千万人以上の搭乗者のある上海虹橋国際空港は、10月15日(月)から、中国で初めて搭乗手続きに顔認証技術を使用したスクリーニングシステムを導入した。今後、中国内の62の空港が同技術の導入を予定している。

海上コンテナ活用ホテル「トラコ・コノハナ」10月31日開業

関西圏を中心に新築分譲住宅を供給する株式会社サンユー都市開発グループの株式会社SANTAVELは、USJ徒歩圏内の立地に「TORACO Konohana」(トラコ・コノハナ)を10月31日(水)に開業。コンテナモジュールを活用し、1基でツインルーム、2基連結して4~5人が泊まれる新感覚施設。

ドンキ/ホテル開発でインバウンド需要の囲い込みへ【後編】

ホテル開発に乗り出したドン・キホーテ。前編に続き、後編ではドン・キホーテのさらなるインバンド需要への戦略であるホテル事業への参入とその見通し、小売業のインバウンド需要囲い込み戦略についてお届けする。

ドンキ/ホテル開発でインバウンド需要の囲い込みへ【前編】

インバウンド需要で好調なドンキが今期1兆円小売業の仲間入りを果たす見通しだが、この大手小売チェーンがホテル事業への新規参入を発表、ホテル大規模開発に乗り出した。この背景にはどんな戦略があり、狙いはどこにあるのか?前編と後編に分けてお送りする。

  • 全国

  • 海外

  • 外務省、駐日各国外交団が北海道復興応援ツアー

    北海道

    インバウンド

    投稿 : 2018.11.16

    外務省は北海道庁との共催で、本年9月6日に発生した北海道胆振東部地震を受け、駐日各国外交団の北海道復興応援ツアーを11月19日(月)、20日(火)の日程で実施する。同ツアーは阿部俊子外務副大臣が引率する。

  • 空き家リノベ「NAGANOまちづくり応援ファンド」設立

    民都機構は、長野信用金庫との間で、「NAGANOまちづくり応援ファンド」を設立。同ファンドを通じて、長野市中心市街地及び善光寺周辺エリアにおいて、門前町の新たな賑わいや回遊性を創造するため、空き店舗・空き家等を活用した民間主体のリノベーションまちづくり活動を支援する。

  • ホテル・ニッコー・ハノイがHOTEL du PARC HANOIに改称

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.16

    世界6カ国の主要都市にホテルなどの施設を運営展開する「Plan・Do・See」は、ホテル・ニッコー・ハノイを2019年1月1日、HOTEL du PARC HANOIと改称し、同社運営ホテルとする。ホテルニッコーハノイは本年12月31日をもってオークラ ニッコー ホテルマネジメントとしての運営を終了する。

  • LINEトラベルjp、「カタール航空」とサービス連携を開始

    ベンチャーリパブリックとLINEが共同で運営する国内最大級の総合旅行情報メディア「LINEトラベルjp」は中東を代表するエアラインである、カタール航空との直接連携を開始した。

  • 大分県・ANA・Airbnbが農村民泊・体験推進で連携

    大分県、ANA及びAirbnb Japanの三者は、大分県の豊かな観光資源を味わうことができる宿泊施設や体験プログラムの受入態勢整備及び国内外からの旅行者に対する情報発信を通じて、旅行者の来訪促進に取り組み、交流人口の増加を通じた地域活性化を目的に協働するため、覚書を締結した。

  • 共立リゾート「白川郷御宿 結の庄」2019年3月8日開業

    岐阜県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.15

    共立メンテナンスのリゾートホテル事業である共立リゾートは、30棟目の施設として世界遺産白川郷に歴史と趣の薫る宿「結の庄」を2019年3月8日に開業する。グランドオープンに先駆けて2019年2月4日、プレオープンを迎える。

  • 米有力旅行雑誌「Destination of the Year」に日本を選出

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2018.11.15

    米国で最も発行部数が多く、世界の旅行市場に影響力を持つ旅行雑誌「Travel + Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」 の「Destination of the Year」が 2018年11月14日(現地時間)に発表され、世界で最も注目を集める旅行先(1カ所)として、2018年日本が初めて選出された。

  • ドーミーインPREMIUM大阪北浜、11/16(金)オープン

    大阪府

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.15

    ビジネスホテル「ドーミーイン」やリゾートホテル「共立リゾート」を運営する共立メンテナンスは、「天然温泉 水都の湯 ドーミーインPREMIUM大阪北浜」を大阪市中央区高麗橋に2018年11月16日(金)にオープンする。

  • 阪急阪神「ホテル阪神アネックス大阪」2019年5月15日開業

    大阪府

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.15

    阪急阪神ホテルズの大阪市福島区に所在する「ホテル阪神大阪」では、別館「ホテル阪神アネックス大阪」の開業日を2019年5月15日に決定。同ホテルのロゴとコンセプトを合わせて発表した。

  • 旧奈良監獄でフェス、リノベ後日本初「監獄ホテル」へ

    奈良県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.15

    明治改元から150年に当たる今年、法務省は11月23日(金・祝日)から25日(日)までの3日間、 「明治150年」記念事業として、重要文化財に指定されている旧奈良監獄を公開し、「奈良赤レンガFESTIVAL」を開催。同施設は日本初の「監獄ホテル」として2021年春から運営が開始される予定。

  • IHGが中東・クウェートで中長期滞在アパートメントホテル

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.07

    IHGは中東クウェートのBukhamseenグループのAl Arabiya Real Estate Companyと提携をし、IHGのStaybridge Suitesブランドをクウェートに展開する。その名も「The Staybridge Suites Kuwait Salmiya」で、2022年1月に開業を予定する。

  • エクスペディア米ベンチャー2社を買収、ホームアウェイ補強

    エクスペディアグループが米ベンチャー企業でバケーションレンタル市場にソフトソリューションを提供するPillow社とApartmentJet社の両社を買収。同グループのバケーションレンタルサイトのホームアウェイを補強し、同市場で先行するAirbnbに全米都市部で対抗する。

  • 香港海洋公園マリオット・ホテル、2019年初グランドオープン

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.05

    世界各国に30ブランドを展開するマリオット・インターナショナルは、10月29日に麗新グループ(Lai Sun Group、麗新集団)、香港海洋公園(Ocean Park Hong Kong)とともに香港海洋公園マリオット・ホテル(471部屋)をソフト開業、来年初めにグランドオープンを予定する。

  • T&G、プーケット3ホテルとウェディング事業の独占販売契約

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.03

    全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手のT&Gグループで海外・国内リゾートウエディングの企画・運営を手がけるグッドラック・コーポレーションが、タイ・プーケットで3つのホテルとウェディング事業の独占販売契約を締結し、リゾートウェディング3会場の同時オープンを決定した。

  • チョイスホテルがスペインとラテンアメリカに2018年重点出店

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.11.01

    コンフォートホテルなどのブランドで知られる米大手ホテルチェーンのチョイスホテルが初進出となるスペインとコロンビアを含めて、ブラジルやエクアドル、メキシコ、パナマなどスペイン・ラテンアメリカに2018年40ホテル5,000部屋の新規開業を行い、国際的なホテル展開を加速する。

  • 「シェラトングランド・ダナンリゾート」新宿泊パッケージ

    ベトナム中部の美しいビーチで知られるダナン市に所在するシェラトングランド・ダナンリゾートは、2つの新しい宿泊パッケージ「ディスカバー・ダナン」と「ローカル・アトラクション」の提供を開始する。

  • HIS、タイAAAの事業停止、豪州ホテル事業2社を減資に

    HISは、10月26日、持分法適用関連会社ASIA-ATLANTIC-AIRLINES-CO., LTD.(AAA)が2018年10月末で事業を停止、同社に対する債権の回収が不可能と判断し、特別損失約18億円を計上。また、同社は連結子会社である豪州ホテル事業2社を減資し、特定子会社から除外。海外事業に関する措置を次々発表。

  • レオパレス21、マニラサービスオフィス、2019年2月開業

    株式会社レオパレス21は、2019年2月、フィリピン・マニラ首都圏に新たな拠点を開業する。日本から海外へ進出する日系企業の顧客へ現地の住居やオフィスを紹介するアウトバウンド事業を通じて、日系企業の海外進出をサポートする。同社はインバウンド・アウトバウンドの両面で展開を加速している。

  • フォーシーズンズホテル、ブラジルに初進出、サンパウロ開業

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.10.26

    フォーシーズンズ・ホテルグループは、ブラジルに初進出、2018年10月15日にサンパウロに新ホテル「AVENIDA DAS NAÇÕES UNIDAS」を開業した。

  • JWマリオットとリッツ・カールトンが2021年スリランカ開業

    海外

    新規ホテル情報

    投稿 : 2018.10.26

    マリオット・インターナショナルとその子会社ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーは、現在コロンボで開発中の多目的複合施設にて2つのラグジュアリーブランド、「JWマリオット・コロンボ」と「ザ・リッツ・カールトンコロンボ」を2021年に開業する。両ブランドはスリランカ初進出となる。

該当の記事がありません