ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

バケーションレンタル

  • Airbnb Partners が74社を突破、発足時から2倍に

    Airbnb Japanは、2018年6月14日に立ち上げた産業横断型組織、Airbnb Partners (エアビーアンドビー・パートナーズ)のパートナー総会を11月14日に行い、組織立ち上げから5ヶ月で74社を突破し、今後の活動の更なる発展に向けた方針を発表した。

  • 鎌倉での古民家再生、民泊運営でカヤックとくらつぐが提携

    株式会社カヤックと古民家再生および民泊運営を手がける株式会社くらつぐは、鎌倉での古民家再生事業および民泊運営事業において、2018年11月14日(水)に業務・資本提携を締結、カヤックより出資することを発表した。鎌倉市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • スペースデザイン「ビュロー渋谷」2018年11月より民泊開始

    世界各国から中長期滞在の訪日外国人ゲストをもてなし、1ヵ月間から滞在できるサービスアパートメント 「ビュロー/ビーサイト」 シリーズを運営するスペースデザインは、この度サービスアパートメント 「ビュロー渋谷」で民泊新法を活用した賃貸と民泊のハイブリット運営を開始した。

  • 無人管理「KEY STATIONオフィスシステム」提供開始

    民泊などに利用可能な24時間無人リモート鍵管理システム「KEY STATION」を全国のコンビニエンスストアを中心に展開する株式会社KEY STATIONは、予約管理・顧客管理・契約管理・売り上げ管理・請求管理などが可能なトータル業務管理システム「KEY STATIONオフィスシステム」を提供開始する。

  • 仏ホテル組合がAirbnbを不公正競争で告訴

    フランスのホテル産業組合(UMIH)が米ホームシェアリングビジネス大手のAirbnbを不公正競争に当たるとして告訴した。

  • 宅都ホールディングスとプレサンスが民泊事業で提携

    不動産管理の宅都ホールディングスと分譲マンション販売大手のプレサンスコーポレーションは本日11月9日(金)、民泊事業に関する業務提携に合意。プレサンスコーポレーションが開発する収益不動産を宅都ホールディングスがサブリースし民泊運用を行う。

  • 観光庁、第2回違法民泊対策関係省庁連絡会議を開催

    観光庁では、民泊について、旅館業法の許可を得ずに実施される、違法民泊への対策が重要であるとし、関係省庁の連携の下に違法民泊の取締り等を徹底することを目指し、違法民泊対策関係省庁連絡会議を本年5月21日に設置。このたび、第2回違法民泊対策関係省庁連絡会議を11月12日に開催する。

  • 東京・墨田区「ガリシア両国」が⺠泊事業を開始

    BRIグループの不動産管理会社であるBRIサポートは住宅宿泊事業法(⺠泊新法)に則った⺠泊物件として東京都墨田区において「ガリシア両国」の⺠泊事業を開始。法令上限の年間180日を民泊で、残りの日数はマンスリーマンションとして運営する。

  • クラウドファンディング、大阪デザイナーズ民泊ファンド

    SAMURAI&J PARTNERSと楽天LIFULL STAYは、宿泊施設開発を目的としたクラウドファンディング商品「大阪デザイナーズ民泊ファンド(1号、2号)」を発売。楽天LIFULL STAYが設計・施工会社へのデザイン監修、施設の運用代行を行う物件の取得やリノベーションにかかる資金の一部を調達する。

  • JTBとAirbnbがプロモーション、地方創生、旅行体験で提携

    JTBとAirbnbは、11月1日、新たな旅行体験市場の開拓を見据えた業務提携覚書を締結した。プロモーション・地方創生・旅行体験を機軸とした事業連携をスタートする。