ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大阪府、GO TO EAT併用可能な「少人数利用・飲食店応援キャンペーン」を発表

大阪府、GO TO EAT併用可能な「少人数利用・飲食店応援キャンペーン」を発表

投稿日 : 2020.10.02

大阪府

GO TO EAT

大阪府は、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを避ける新しい生活様式の定着を目指し、4名以下での飲食など、条件を満たして飲食をした利用者にポイントを付与する「少人数利用・飲食店応援キャンペーン」事業を発表した。

GO TO EATキャンペーンと併用可能

出典:大阪府

キャンペーンの対象となる条件は以下の通り。

・オンライン飲食予約サイトによる予約
・4名以下で総額5,000円(税抜)以上の予約
・感染防止宣言ステッカー及び大阪コロナ追跡システムを導入している店舗の利用
・15時以降に利用
・予約に基づき、ポイント付与の対象期間に来店し、4人以下の人数で飲食
・4人以下の飲食が行われたことを、オンライン飲食予約サイト事業者が確認

以上の条件を満たすと、一組につき2,000円分のポイントが付与される。

さらに、ミナミ地区※においては、さらに2,000円分のポイントが追加付与(合計4,000円分)となる。
※ミナミ地区:第23回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議において実施を決定した、大阪南地区の一部の区域を対象にした接待を伴う飲食店等に対する休業要請等に係る対象区域

現在決定しているオンライン飲食予約サイトは以下の通り。

・一休.comレストラン:9月18日より予約受付開始
・LUXA:10月1日より予約受付開始
・OZmall:10月1日より予約受付開始
・Yahoo!ロコ:10月8日より予約受付開始
・食べログ:準備が整い次第予約受付開始
・ぐるなび:準備が整い次第予約受付開始
・ホットペッパーグルメ:準備が整い次第予約受付開始
・大阪グルメ:準備が整い次第予約受付開始

ポイントの付与期間は取り組み開始日から2020年12月31日(木)まで。ミナミ地区の追加付与は2020年10月31日(土)までとなる。

また「少人数利用・飲食店応援キャンペーン」は農林水産省が実施する「GO TO EATキャンペーン」との併用が可能だ。

出典:農林水産省 Go To EATキャンペーン

GO TO EATキャンペーンでは以下の2つを行う。

・登録飲食店で使えるプレミアム付き食事券(購入額の25%分上乗せ)の販売(1回20,000円分の購入が上限)
・オンライン飲食予約サイト経由の予約で、次回以降に飲食店で使用できるポイント付与(昼食:500円分、夕食時間帯(15時以降):1,000円分、1回の予約あたり10人分(最大10,000円分のポイント)が上限)

プレミアム付き食事券は各都道府県ごとに順次販売を開始し、2021年1月末にて販売を終了。有効期限は2021年3月末までだ。

オンライン飲食予約サイト利用によるポイント付与は10月1日から2021年1月末まで。利用期限は2021年3月末までとなっている。

GO TO EATキャンペーンに参加している、オンライン飲食予約サイトは以下の13サイト。

・ぐるなび
・食べログ
・Yahoo!ロコ
・一休.comレストラン
・EPARKグルメ
・EPARK
・ホットペッパーグルメ
・favy
・トレタ
・OZmall
・Retty
・LUXA
・ヒトサラ
・Chefle
・大阪グルメ

大阪府が行う「少人数利用・飲食店応援キャンペーン」に参加するサイトは、すべてGO TO EATキャンペーンにも参加しているため、どのサイトを利用しても併用が可能となる。

合わせて読みたい
  • 「Go To イート」事業 プレミアム付...

  • 「Go To Eat」事業公式サイトが公...

  • GoToイート 9月中にも開始の見通し ...

  • 事業者決定 GO TO EATキャンペー...

関連記事