ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 沖縄県、平成30年度観光客数、999万9,000人で過去最高

沖縄県、平成30年度観光客数、999万9,000人で過去最高

投稿日 : 2019.05.16

沖縄県

ホテル統計データ

沖縄県の平成30年度の入域観光客数は、999万9,000人で、前年度比で41万9,100人、率にして4.4%の増加となり、6年連続で過去最高を更新した。

出典:沖縄県

平成30年度の入域観光客数は999万9,000人で、前年度比で41万9,100人、率にして4.4%の増加となった。度重なる自然災害や麻しん発生の影響により、年度目標の1,000万人には、届かなかったものの、前年度に引き続き、900万人台を記録し、6年連続で過去最高を更新した。

平成30年度の国内客は、対前年度比で11万300人、率にして1.6%の増の699万8,200人となり、6年連続で過去最高を更新した。これまでの年度における国内客の過去最高の入込は、平成29年度の688万7,900人。

出典:沖縄県

平成30年度の外国客は、対前年度比で30万8,800人、率にして11.5%の増の300万800人となり、11 年連続で過去最高を更新し、初の300万人台となった。これまでの年度における外国客の過去最高の入込は、平成29年度の269万2,000人。

出典:沖縄県

今後の見通しについて、景気は緩やかな回復基調にあることや、下地島空港旅客ターミナル施設の供用開始により、成田 -下地島(宮古)に引き続き、関西-下地島(宮古)の新規就航が予定されているほか、那覇空港国内線・国際線ターミナルの連結に伴うLCC施設の移転によりさらなる利便性向上がなされること等により、今年度の国内旅行市場は好調に推移するとみられる。

また、外国客については、香港-下地島(宮古)の新規就航予定や、香港-那覇間においてLCCによる運航再開予定があり、空路客の入込増加が期待されるほか、クルーズ船の寄港についても増加する予定となっていること等から、好調に推移するものと見込まれる。

【合わせて読みたい】

星野リゾートが沖縄本島初進出「星のや沖縄」2020年春開業

沖縄県・下地島空港の旅客ターミナル施設が竣工

沖縄県ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事