ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 岡山県復興支援第二弾!宿泊クーポンを追加

岡山県復興支援第二弾!宿泊クーポンを追加

投稿日 : 2018.08.10

ホテル関連ニュース

岡山県は本日8月10日、国の支援を不十分とし、さらなる観光需要喚起のため、民間宿泊予約サイトで使用できる宿泊クーポンを追加発行することを発表した。岡山県・倉敷市のホテル出店状況と合わせてお送りする。

岡山後楽園と岡山城   岡山後楽園と岡山城

出典:岡山県

 
岡山県復興支援第二弾「宿泊クーポン」
7月の豪雨災害に伴い、岡山県内主要観光施設の7月の利用者数は対前年比で7割以下と大幅に減少するなか、岡山県は、国の支援パッケージに基づく風評被害対策は、周遊旅行の促進に重点を置き、「2県以上・2泊以上」の宿泊を割引の要件としており、県内のみでの宿泊を対象としておらず不十分と判断。
観光需要を喚起するために、ニーズの高い県内のみでの宿泊にもインセンティブを付与することとし、県内のみでの宿泊に対応し、民間の宿泊予約サイトで使用できる宿泊クーポンを新たに発行することとした。
 

8月20日(月)から1万枚の宿泊クーポン発行

民間宿泊予約サイトは、前回の「楽天トラベル」、「じゃらんnet」に加えて、「るるぶトラベル」、「近畿日本ツーリスト」及び「日本旅行」が加わった。
割引額は4,000円/回で発行枚数、10,000枚。
期間は、8月20日(月)~9月29日(土)で、以下のような条件がある。
・各宿泊予約サイトで利用できる県内宿泊施設に1泊以上宿泊
・利用人数 2人以上
・利用金額 利用者の宿泊費合計が10,000円以上
・期間中、1回のみ利用可
・国の「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」との併用は不可
 
倉敷美観地区   倉敷美観地区

出典:岡山県

 
岡山県・倉敷市ホテル出店状況
メトロエンジンリサーチによると、岡山県内に宿泊施設は505軒あり、16,025部屋が提供されている。
また、県内でも大きな被害を出した倉敷市内には宿泊施設数が85、部屋数にして3,521ある。
倉敷市の展開施設トップ10(部屋数)は以下の通りとなっている。

出典:メトロエンジンリサーチ

 
倉敷市には歴史風情あふれる運河沿いに古い建物が立ち並ぶ倉敷美観地区のほかにも、岡山と香川を結ぶ瀬戸大橋やフランスと日本の近代絵画を展示する大原美術館など多くの観光関連施設が揃っている。
これを機にこの夏、復興支援を兼ねて、観光・宿泊してみてはいかがだろうか。
 
【関連記事】
岡山復興支援、宿泊割引「じゃらん」「楽天」から
災害ボランティアに宿泊施設等の割引サービス提供
 

関連記事