ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル」in大津

「東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル」in大津

投稿日 : 2020.01.10

滋賀県

ホテル関連ニュース

障害者による舞台芸術の発表や近年国内外で高い評価を受けるアール・ブリュット作品の展示など、障害者の芸術表現に触れる「東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル」の開幕イベントが2月7日(金)~2月9日(日)に、滋賀県大津市のびわ湖大津プリンスホテルで開催される。

滋賀県で障害者の文化芸術フェス グランドオープニング

出典:東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル

期間中には、ジャン=マルク・エロー氏(フランス元首相、ナント市名誉市長)をはじめとした、アール・ブリュットの推進に取り組む世界各国の著名人が集い、国際的ネットワーク構築に向けた議論も行う。

グランドオープニング:

日時:2020年2月7日(金)~2月9日(日)

場所:びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール他(大津市におの浜4-7-7)

主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の文化芸術活動を推進する全国ネットワーク、障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会

概要:同フェスティバルは、文化庁が進める「日本博」のプログラムの一つで、「日本博」のテーマである「日本人と自然」を障害者の文化芸術を通して表現し、その魅力を国内外に発信することを目的に開催するもの。令和2年度から3年度にかけて全国各地を巡回し、北海道から九州までの複数の会場で開催を予定。

今回はその皮切りとして、上記の3日間、滋賀県でオープニングイベントを開催する。

出典:東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル

主なプログラム:

(1)障害者の舞台芸術見本市(8日11:00~19:30、9日13:30~15:45)

障害者等による、郷土芸能、音楽、ダンスといった多彩な分野の舞台芸術公演

(2)美術展「アール・ブリュット-日本人と自然-展」(7・8日9:00~19:00、9日9:00~14:00)

約300点にもおよぶ障害者等の芸術作品を展示。

(3)アール・ブリュット ワールドフォーラム(7日13:00~18:10、8日9:15~18:45)

アール・ブリュットの推進に取り組む世界各国の著名人が集い、国際的なネットワークの構築に向けた議論を行う。

(主な登壇者)

・ジャン=マルク・エロー氏(フランス元首相、ナント市名誉市長)

・青柳 正規氏(文化庁前長官、山梨県立美術館館長)

・リン・クック氏(ワシントン・ナショナル・ギャラリー現代美術部門シニアキュレーター)

・マルティーヌ・リュザルディ氏(パリ市立アル・サン・ピエール美術館長) ほか

また、障害者の文化芸術活動を促進することを目的に結成された知事連盟や議員連盟による、フォーラムも開催する。

(主な出席者)

衛藤晟一氏(一億総活躍担当大臣)、平井伸治氏(鳥取県知事)、高木美智代氏(衆議院議員)、三日月大造氏(滋賀県知事)ほか

出典:東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル

7日、県庁で主催者とともに発表会見を行った、三日月大造 滋賀県知事は以下の通り語った。

「このイベントが滋賀県で開催されるのは単なる偶然ではない。日本の障害者福祉の父と呼ばれる糸賀一雄先生はじめ、多くの方による取り組みの歴史が礎になり、障害者による自由な造形活動が生まれ広がった。また、「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」をはじめとしたギャラリーが県内に多数設置されたことで、多くの方が障害者の文化芸術に触れられる環境が整ってきた。こうした積み重ねの結果、滋賀県が「芸術を通じた共生の発信拠点」として全国から注目されるようになり、今に至っている。このフェスティバルが、県民をはじめとした多くの方々が障害について、障害者の文化芸術について、触れ合い思いを寄せる機会となれば。」

【合わせて読みたい】

発達障がいのある子どもたちのサッカー観戦交流イベント「IAUD国際デザイン賞2019」

「JTB Diversity Week2019」開催

観光庁、障害者を9名雇用・法定雇用率達成、国交省は未達

レジデンストーキョー「CEN DIVERSITY HOTEL & CAFÉ」が見せる新たなホテルの多様性とは

関連記事