ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテル関連ニュース > 【直接予約獲得への第一歩】Googleホテル広告に対応できる予約エンジン比較

【直接予約獲得への第一歩】Googleホテル広告に対応できる予約エンジン比較

投稿日 : 2022.05.19

ホテル関連ニュース

Googleが提供する、Googleホテル広告の存在感が増してきている。その利用者数は年々右肩上がりで増加、加えてOTAを介さない予約流入チャネルとしても注目を集めている。有効に活用することができれば、Googleホテル広告は強力な集客チャネルになりうる。

Googleホテル広告について

Googleホテル広告とは、Googleの検索プラットフォーム上で、ホテルの情報を閲覧できる世界最大級のメタサーチである。予約者は検索やGoogleマップからホテルの空室情報や価格情報を閲覧・比較することが可能になるだけでなく、そこから予約サイトに遷移して予約することも可能だ。広告はクリック課金型のPPC広告であり、各OTAや公式サイトが入札するオークション形式。

Googleホテル広告の掲載枠は無料枠(Freelink)と有料広告枠があり、それぞれで表示される場所が異なっている。

Googleホテル広告に対応した予約エンジンであれば、メタサーチに公式サイトとして出稿できるだけでなく、サイト遷移なしでOTAを介さず直接予約を獲得することが可能となる。
それぞれの予約エンジンで無料枠・有料枠のどちらに対応しているかが異なっている。予約エンジンによっては有料広告の運用代行まで行う。無料枠に記載するだけなのか、広告費をかけて露出を狙いたいのか、など目的によって導入を検討する予約エンジンも変わってくる。

Googleホテル広告に新たに掲載となると

 ① 既存の予約エンジンが対応可能であればその予約エンジンで掲載
 ② Googleホテル広告に対応した予約エンジンへ切り替える
 ③ Googleホテル広告用に新規予約エンジンを導入し既存のと併用

の3つの方法のどれかになるだろう。

対応エンジン比較

今回はGoogleホテル広告に対応した予約エンジンの比較なので、掲載可能枠と費用の面で比較する。加えて、リピーターを獲得したい施設からの要望が多いであろう会員価格の表示機能の有無も検討したい。

各社の掲載可能枠、費用情報は以下の画像の通りである。

事業者によっては初期費用・月額費用がかからないところもあるので、既存の予約エンジンと併用をしていくこともしやすいのではないだろうか。併用の場合、会員用価格をGoogleホテル広告に表示できるかどうかも重要な指標になってくる。

Googleホテル広告で有料広告を掲載したいor今後出すことが視野に入っているか否かによっても検討する予約エンジンは変わってくるだろう。その際は成果報酬や従量課金の有無にも着目していきたい。

まとめ

新型コロナウイルスの影響によって先行きが不透明な中でも、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の解除につれて旅行客は徐々に増え始めてきている。直近のGWでは満室になるホテルも出てきた。インバウンド復活の日も近いのかもしれない。

少しずつ客足が戻る中、今後を見据えて今から新しい取り組みや投資などを進めていく必要があるだろう。インターネット上での集客の強化としてだけでなく、直接予約拡大の第一歩としてもGoogleホテル広告への出稿も検討に入れてみてはどうだろうか。

合わせて読みたい
  • メトロエンジンが自社予約エンジンを無償提...

  • Googleの旅行産業参画によりOTAの...

  • 加速するGoogleホテル広告からの直接...

  • ワーケーション推進するメリットとは?自治...

関連記事