ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新千歳空港旅客ターミナルビル、国際線に多目的ホール新設

新千歳空港旅客ターミナルビル、国際線に多目的ホール新設

投稿日 : 2019.06.24

北海道

インバウンド

新千歳空港国際線旅客ターミナルビルの増築部分に、2019年11月、国際線ターミナルビルに直結、様々な会議体等の用途に対応するコンベンション施設「新千歳空港ポルトムホール」が設置される。

新千歳空港ポルトムホール、会議や催事に適した多目的ホール

出典:新千歳空港ターミナルビルディング

新千歳空港ポルトムホールは、国際線ターミナルビルに直結しており、海外からの参加者が多い会議や催事に適した多目的ホール。

同ホールは、2020年春に開業を予定しているハイクラスホテル「ポルトム インターナショナル 北海道」と連携し、宿泊とインセンティブツアーをセットにしたサービス提案も想定しているという。

国際線の到着ロビーからのウォークインが可能であり、国内線やJR新千歳空港駅からも、徒歩で約10分の場所に位置している。

300席収容の移動観覧席を備えたメインホールを始め、中・小規模の会議や展示会、パーティーなどオープンな交流スペースとなるホワイエ(エントランス)を備える。

出典:新千歳空港ターミナルビルディング

【同ホール 概要】

運営事業者:新千歳空港ターミナルビルディング株式会社

供用開始:2019年11月予定

事業費: 約20億円 ※国際線拡張工事総事業費に含む

所在地 :新千歳空港国際線旅客ターミナルビル2階

総延床面積:2,245㎡

構造:鉄骨造一部鉄筋コンクリート造

設計会社:JAC・梓・山下・えんれいしゃ 設計業務共同企業体

施工会社:大林・戸田・萩原・伊藤・田中・菱中 特定建設工事共同企業体、岩田地崎・JALファシリティーズ・阿部 特定建設工事共同企業体※A工区・B工区施工会社と同じ

出典:新千歳空港ターミナルビルディング

【合わせて読みたい】

「ホテルJALシティ札幌 中島公園」2019年9月20日開業

札幌市の空路便の推移にみる外国人宿泊者数の動向

札幌東武ホテルが 「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」にリブランドオープン

フリープラス、札幌にインバウンド向け宿泊特化型ホテル「FP HOTELS 」2020年夏開業

「ヒルトン札幌パークホテル」2023年開業発表

北海道ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事