ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 鳴子温泉郷が3割増しプレミアム宿泊券を発売 全国向けは6月8日から

鳴子温泉郷が3割増しプレミアム宿泊券を発売 全国向けは6月8日から

投稿日 : 2021.06.01

宮城県

新型コロナウイルス関連

ホテル関連ニュース

宮城県大崎市の鳴子温泉郷の41のホテル・旅館は、3割増しの「鳴子温泉郷プレミアム宿泊券」を販売する。

大崎市民向けは6月1日、全国向けは同8日から発売開始となる。宿泊券は1300円券が10枚1セットとなっており、1万円で購入できる。販売場所は宮城県大崎市の鳴子温泉郷観光協会に加盟する41のホテル・旅館で、購入した施設で使用が可能。有効期限は発行日が令和3年9月20日以前の宿泊券は発行日から6ヶ月、発行日が令和3年9月21日以降の宿泊券の有効期限は令和4年3月20日まで。

出典:鳴子温泉郷観光協会公式サイト

割り増し分は大崎市の補助金を活用し、市内と市外分を合わせて1万7500セットを用意。昨年6月にも同様のプレミアム宿泊券を発売したところ、大きな反響があった。市は宿泊券の発売を通じて、コロナ禍で減少した旅行機会の創出を図り、地域経済の活性化につなげたいと考えている。

参加41施設や宿泊券の詳細は、鳴子温泉郷観光協会公式サイトで確認できる。

合わせて読みたい
  • 仙台『秋保温泉 岩沼屋』が大江戸温泉物語...

  • 東鳴子温泉「旅館紅せん」 自己破産申請へ...

  • 宮城県大崎市の宿泊施設でクラスター発生

  • 作並温泉「かたくりの宿」自己破産申請へ ...

関連記事