ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 宿泊予約サイト【マイナビトラベル】が9月30日にサービス終了 新型コロナで迫られる変革

宿泊予約サイト【マイナビトラベル】が9月30日にサービス終了 新型コロナで迫られる変革

投稿日 : 2020.09.03

プレスリリース

新型コロナウイルス関連

宿泊予約サイトのマイナビトラベルが、2020年9月30日(水)をもってサービスを終了することを発表。マイナビトラベルでは求人情報サービス「マイナビ」で蓄積した膨大なデータベースを基に、多様化するニーズに応じたサービスを展開していた。今後は、法人向け出張手配・管理サービス『マイナビBTM』の運営に注力する。

出典:マイナビトラベル


マイナビトラベルは、株式会社マイナビ(旧・毎日コミュニケーションズ)が運営する国内向け総合宿泊予約サイト。登録宿泊施設数は1万軒以上(2018年8月時点)。2016年の夏からサービスを開始し、日本国内の宿泊施設予約を軸に、レンタカーや高速バスチケット予約のほか、国内航空会社各サイトの仲介と国内旅行のダイナミックパッケージを扱っていた。会費無料、20〜30代を中心とする若年層を中心に、現在では1000万人を超えるまで会員が増えていた。

予約可能な日程・マイページ・Tポイント付与について

  • ・予約可能な最終宿泊日は2020年10月28日(水)まで。
  • ・「Go To トラベルクーポン」については予約可能期間内であれば引き続き利用可能。
  • ・マイナビトラベル会員向けページ(マイページ)は、2020年10月28日(水)まで利用可能。
  • ・2020年9月30日以降、予約完了後にTポイント連携を行うことができなくなる。Tポイント付与を希望する場合は、予約前にTポイント連携完了が必要。Tポイント連携を行う

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行は世界を大きく変えた。観光産業においては人の移動が渡航制限や自粛で激減し、旅行需要は壊滅的状況となって観光・宿泊事業者の経営を直撃した。感染拡大の影響が長期化することが避けられない中、観光産業は新たな局面を迎えている。


合わせて読みたい
  • マイナビが廃校を宿泊施設にリノベーション...

  • 「マイナビトラベル ホテルSTAY」法人...

  • 「じゃらん人気温泉地ランキング2020」...

  • 「コスパより衛生・安全性の重視へ」旅行先...

関連記事