ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日旅行者向け旅行商材Web販売システム「ミヤビ」本格稼動

訪日旅行者向け旅行商材Web販売システム「ミヤビ」本格稼動

投稿日 : 2019.01.18

指定なし

インバウンド

日本旅行は、訪日旅行者を対象とした着地型ツアーや交通、食事、体験モノ等の旅行商材を販売するシステム「Miyab!(ミヤビ)」をこのたび本格稼動させ、世界中の旅行会社やOTA約1,500社を通じた旅行商材の販売が可能となった。

出典:日本旅行

世界中の旅行会社と連携、販売ルートが拡大

同システムは昨年3月にプレオープンしたBtoB(企業間電子商取引)システムで、着地型ツアーやバスなどの交通、食事、体験モノ等の旅行商材を世界中の旅行会社やOTA等を通じて訪日旅行者に販売する。

これまでは、海外の旅行会社とメールや電話等で対応していたため、回答に時間を要することもあったが、これらの業務をシステム化することで24時間365日の対応が可能になるとともに業務の効率化を実現した。

また、システム任せにすることなく担当者を配し、訪日旅行の販売に慣れていない事業者のサポートを行うなど、これからもきめ細かいサービスを提供するという。

「Miyab!」の主な特徴

1.販売先は、世界中の旅行会社やOTA等約1,500社
2.システム利用料は無料(販売実績に応じた手数料が発生)
3.旅行商材提供事業者等が自由に商材を登録(※)でき、在庫管理も可能
※多言語表示、多通貨表示が可能(現在、9言語、14通貨の表示が可能)
4.旅行商材登録から公開まで最短1日(基本契約締結が前提)
5.ホテル予約サイトと連携した販売が可能

同システムは今後、さらにデータ連携(API連携)を進めるなどして、販売ルートをさらに拡大するほか、訪日旅行の販売に慣れていない事業者(地域DMOや小規模事業者)向けの催行管理システムの開発も予定しており、「Miyab!」を通じた予約数を昨年比2.5倍にする計画。

【合わせて読みたい】

日本旅行、グローバル戦略推進本部/海外団体推進部を設置

日本旅行、2018-2019年、年末年始の旅行動向発表

日本旅行、海外旅行事業部とFIT社の事業運営を一体化

日本旅行、グループ・ミキ・ホールディングスへ出資

関連記事