ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」2020年6月25日開業

「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」2020年6月25日開業

投稿日 : 2019.12.02

東京都

新規ホテル情報

2020年4月24日(金)にグランドオープンを予定する「豊洲ベイサイドクロスタワー」の33階~36階に「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」(全225室)が2020年6月25日(木)に開業する。11月29日(金)予約受付を開始した。

東京の旅をテーマに、豊洲エリアの湾岸風景と調和する

出典:三井不動産

「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」は、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅直結に加え、羽田空港や成田空港まで繋がるリムジンバスや都営バスの乗り場が計画地の隣地にあるなど、交通利便性に優れた立地。

周辺には、豊洲市場など国内外で人気の観光スポットや同ホテルとデッキで直結するショッピング・飲食スポット「ららぽーと豊洲」などの商業施設がある。

さらに、近年、豊洲には本社機能を構える企業が増えるなどオフィスの集積が進んでおり、ビジネスの活動拠点としても便利なエリア。

出典:三井不動産

同ホテルは、ビジネス、国内外の観光客など、顧客の幅広いニーズに応えることのできる客室を用意した。バスルームから湾岸や東京の夜景を一望できる「ビューバスルーム」は、記念日など特別な日の利用にも適しているという。

また、36階・地上約165mに位置するロビーや海側に面した大浴場、33階にある中庭などの共用スペースにおいて、高層立地を活かした非日常空間を演出。さらに、豊洲市場の食材を使用し、素材の旨味を活かした料理やサービスを提供するイタリアンレストランが出店予定。

出典:三井不動産

都心にありながら喧騒から一歩離れ、海と空が広がる開放感を持つ豊洲エリアの特長をぞんぶんに味わうことのできるホテルとなるとのこと。

【「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」施設概要】

所在地:東京都江東区豊洲二丁目2番1号(「豊洲ベイサイドクロス」内)

階数:33-36階

客室数:225室

付帯施設:大浴場(36階)/レストラン・バー(36階)

出典:三井不動産

東京都江東区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都江東区には宿泊施設が67、部屋数にして10,435室が提供されている。

新規開業予定は11施設、部屋数にして2,924室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

【東京五輪会場:バレーボール】有明アリーナ周辺ホテル展開状況

【東京五輪会場:体操】有明体操競技場周辺ホテル展開状況

豊洲市場に近接「Dタワー豊洲」竣工、JALシティ入居

「ホテルJALシティ東京 豊洲」2019年12月9日開業

(仮称)Dタワー豊洲「ホテルJALシティ東京豊洲」が入居

「JR東日本ホテルメッツ 東京ベイ新木場」11月7日開業

関連記事