ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテルJALシティ東京 豊洲」2019年12月9日開業

「ホテルJALシティ東京 豊洲」2019年12月9日開業

投稿日 : 2019.09.04

東京都

新規ホテル情報

東京・豊洲に建設中の複合施設「Dタワー豊洲」にオープンする「ホテルJALシティ東京 豊洲」は、2019年12月9日(月)の開業に向けて、9月2日(月)より宿泊予約の受付を開始。このたびの開業を記念して、特別宿泊プランを用意する。

レジャー、ビジネスに最適な立地、開業記念プランも

出典:ホテルJALシティ東京 豊洲

「ホテルJALシティ東京 豊洲」が開業する複合施設「Dタワー豊洲」は、東京の新名所「豊洲市場」に近接し、6~17階に同ホテルが、2~3階には都市型低酸素環境下トレーニング施設「アシックススポーツコンプレックス東京ベイ(ASICS Sports Complex TOKYO Bay)」の開業が予定されている。

近隣には、演劇シアターや、話題のデジタルアート施設があるほか、海岸沿いにはウォーキングやランニングに適した公園も整備されている。また、豊富なレジャー施設が点在する東京ベイエリアでありながら、銀座や東京駅など都心部へのアクセスも抜群で様々なニーズに応えられる魅力的な立地。

ホテルJALシティのブランドコンセプト「Smart simplicity (最先端のシンプリシティ)」に基づいて、スマート&シンプルな滞在を実現し、高機能なサービスをコンパクトに凝縮したホテルとして顧客のニーズに応える。

自然素材をあしらった客室は、日本美が感じられる「重ね合わせ」のデザインを採用。温かく居心地のよい空間でゆっくりと寛げる。また、客室標準面積は20~30㎡、モデレートルーム、スーペリアルーム、デラックスルームの3タイプ、全330室の客室を用意している。

16・17階に位置する「PLUS」フロアでは、高層階からベイエリアのパノラマビューを楽しめる。

浴室は、トイレとバスルームを独立させた日本式のスタイルを取り入れ、レインシャワーの付いた洗い場とバスタブに分かれたバスルームでは、ゆったりと充実した癒しのひとときを提供する。

このほか、無線LANによる大容量のデータ通信環境などのデジタル環境を整え、顧客が部屋で過ごせる時間を充実したものにするという。

出典:ホテルJALシティ東京 豊洲

開業を記念した宿泊プランを用意。ベスト アベイラブル レートから20%オフの料金にてお得に利用できる。

予約期間:2019年9月2日(月)10:00 ~2020年3月31日(火)
宿泊期間:2019年12月9日(月)~2020年3月31日(火)チェックインまで
一般料金:モデレートツイン 11,360円~(1室2名/消費税・サービス料込)
モデレートツイン プラス 14,560円~(1室2名/消費税・サービス料込)

出典:ホテルJALシティ東京 豊洲

【ホテルJALシティ東京 豊洲 施設概要】
所在地:東京都江東区豊洲六丁目4番20号
客室数:330室
階数:ロビー 1階、客室 6~17階
レストラン:レストラン「汐待茶寮」※テナント
アクセス:ゆりかもめ「市場前駅」より徒歩2分、ゆりかもめ「新豊洲駅」より徒歩3分

東京都江東区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都江東区には宿泊施設が60、部屋数にして8,828室が提供されている。

新規開業予定は15施設、部屋数にして3,375室が新たに供給される見込み。

同区内のシティホテルの平均客室単価は19,315円(2019年9月現在)となっている。

【合わせて読みたい】

(仮称)Dタワー豊洲「ホテルJALシティ東京豊洲」が入居

「JR東日本ホテルメッツ 東京ベイ新木場」11月7日開業

【東京五輪会場:バレーボール】有明アリーナ周辺ホテル展開状況

【東京五輪会場:体操】有明体操競技場周辺ホテル展開状況

関連記事