ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 仏アコー「京都悠洛ホテル Mギャラリー」本日4月26日京都・三条大橋に開業

仏アコー「京都悠洛ホテル Mギャラリー」本日4月26日京都・三条大橋に開業

投稿日 : 2019.04.26

京都府

新規ホテル情報

パリに本拠を置く欧州最大のホテルチェーンであるアコーホテルズは、2019年4月26日(金)、京都・三条に”究極の女性向けホテル”「京都悠洛ホテル Mギャラリー」をグランドオープンする。

究極の女性向けホテル“Inspired by Her“

女性旅行客に対する徹底したこだわりを持った「究極の女性向け ホテル」であるMギャラリーは“Inspired by Her“をキーワードに、すべての女性旅行客の滞在体験を向上させるため、ホテルの内観やサービスにさまざまなこだわりを施している。

フロントロビーにはデトックスウォーターを常時提供、京都産のアロマエッセンシャルオイルである「ミュウセレククション(Mieuxs Selection)」の「Heavenly Aroom」や日本画用絵具を原料とした京都胡紛ネイルをフロントロビーにて数種類用意するなど、宿泊する際に楽しめるサービスを多数用意する。

明治維新・大正ロマン時代を彷彿とさせるレストラン・バー

また、B1Fのレストラン:FIFTY FOURTH STATION GRILLではヘルシー指向やベジタリアンメニューを取り揃える。

また、1Fのバー:1867ではInpired by Herカクテルを提供。大政奉還の行われた年である1867 を名前に冠し、ホテル全体のコンセプトである「タイム トラベル」を反映したクラシックなデザインのバーとなっている。

日本産スピリッツを用いたオリジナルのシグネチャーカクテルメニューでは豆乳などの京都産素材を活用した地産地消で、女性に嬉しいアルコール控え目の飲みやすいカクテルを提供する。

また、ストローには環境に配慮したステンレスを採用する。

日本の美意識を詰め込んだデザインのゲストルーム

客室は全室にシモンズ製のベッドや西陣織のヘッドボードを取り入れ、コンパクトながらも日本の美意識を詰め込んだデザインとなっている。スタンダードルームは窓際でゆっくり過ごせる小上がりを設け、スイートルームにはダブルシンクと広いバスタブを設け、ゆったりとしたくつろぎを提供する。

同ホテルの田中一徳総支配人は開業にあたり、「当ホテルは特に女性向けのホテルとして、母と娘、孫と祖母、姉妹、友人同士など幅広い世代の女性が旅行滞在において朝から晩まで楽しむことができます。アロマオイルから食材まで京都産の本物にこだわり抜いており、唯一無二のストーリー性溢れる思い出深い旅行体験を提供します。」と語った。

【同ホテル 概要】

開業日:2019年4月26日(金)
所在地:京都府京都市東山区三条通大橋東入大橋町84
客室数:全144室
ホテル内施設:グリルレストラン「54th Station Grill」全104席
バー「1867」全42席、フィットネスジム

京都市東山区・周辺ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市東山区には宿泊施設が546展開しており、部屋数にして4,957室が提供されている。

新規開業予定は同ホテルの他に6施設、部屋数にして398室を見込んでいる。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルは144室で5位にランクインした。

また、中京区にも程近い同ホテル周辺の半径1キロ圏内には宿泊施設が336展開しており、部屋数にして8,537が提供されている。同圏内の新規開業も6施設、部屋数にして892室に及ぶ激戦地での開業となる。

【合わせて読みたい】

京都悠洛ホテル Mギャラリー、 インスタ公式アカウント開設

「京都悠洛ホテル M ギャラリー」4月26日京都・三条に開業

アコーホテルズが「21c ミュージアムホテルズ」買収

アコーホテルズが米「sbeエンターテイメントグループ」と戦略的提携を発表ー50%の株式を保有

アコーホテルズが2018年後半に相次ぎ日本でホテル開業ー田町、浦安、大阪で

アコーホテルズがモーベンピック ホテルを買収

オリックス「クロスホテル京都」河原町三条、9月25日開業

関連記事