ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > コンドミニアム型ホテル「リエッタ中山」名護に10月15日開業

コンドミニアム型ホテル「リエッタ中山」名護に10月15日開業

投稿日 : 2018.11.01

沖縄県

新規ホテル情報

沖縄県名護市にある観光施設「OKINAWAフルーツらんど」施設内に10月中旬、コンドミニアム型のホテル「LIETA.NAKAYAMA(リエッタ中山)」が開業した。名護市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

名護市にコンドミニアム型ホテル、テーマパークに隣接
同ホテルは、地上9階建で全40室(最大368名宿泊可能)。
Aタイプは84㎡の24室
Bタイプは63㎡の16室
となっている。
最大10名まで泊まれる広々とした空間の中には、2つのバス・トイレ、そしてキッチンや洗濯機・乾燥機などもあり、家族やグループの皆様が一緒になってゆっくりと宿泊できるコンドミニアム型ホテル。
プライベートミーティングや小会議も対応が可能。
 
また、隣接しているフルーツランドには、食事施設・コンビニエンスストアー・11か国両替可能なATM・大型駐車場・フルーツカフェ・ショップ・テーマパークなどがある。
 
料金は、一室単価となり、家族やグループなど人数が増えるほど得になるシステム。
 
テーマパークの賑わいとコンドミニアムの贅沢な空間とホテルの利便性を兼ね備えた新しいタイプのホテル。
 
また、名護市という立地にあり、美ら海水族館・古宇利島・今帰仁村・本部町などの他各観光施設・海や山など多くの観光スポットにも30分圏内でスムーズな移動が可能。
 あ
住所は、沖縄県名護市字為又1220-71 OKINAWAフルーツらんど内(那覇空港から国道58号線経由で約80km、約1時間40分。)
沖縄県名護市ホテル展開状況
メトロエンジンリサーチによると、名護市には宿泊施設が108、部屋数にして2,833が提供されている。
新規開業予定も同ホテルの他に2施設、177部屋の追加が予定されている。
同市客室数トップ10は以下の通り。
外資系のリゾートホテルも多く展開する同市で、コンドミニアム型の新タイプホテルがテーマパークとの連携で勝負を挑む。
【合わせて読みたい】

関連記事