ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都市がVisaやVoyaginと連携、体験型メニュー開発へ

京都市がVisaやVoyaginと連携、体験型メニュー開発へ

投稿日 : 2018.12.20

京都府

インバウンド

京都市及び京都市観光協会では、VisaやVoyagin協力のもと、伏見や大原など隠れた観光スポットにおける体験型メニューの開発や販売促進により、外国人観光客の京都市内全域周遊をはかる取組を開始する。

体験型メニューを Visaカードで決済すると5%割引

Visaは、これまで世界各国の会員向けに、年々増加する訪日外国人観光客のニーズに応えるための情報発信サイト(Visit Japan with Visa)を展開しており、今回、Voyaginや京都市観光協会との連携により、体験型メニューの予約・決済まで可能なキャンペーンサイトを新たに構築した。

さらに、伏見の日本酒試飲体験など地域の魅力を満喫できるメニューや、料理教室など地域の人との交流を楽しめるメニューの開発に着手し、同サイトへの掲載を順次開始。

同サイトの体験型メニューを Visaカードで決済すると5%の割引が適用される。

京都市は引き続き、新たな体験型メニューの開発や、外国人観光客への情報発信等を強化し、外国人観光客があまり訪れていない地域等への周遊に繋げていきたい考え。

【掲載される体験型メニューの例】
・伏見の酒蔵訪問と日本酒試飲体験ツアー
・大原の寺院巡りツアー
・高雄の寺院巡りと露天風呂ツアー
・山科の窯元で体験する清水焼教室
・大原野を巡るサイクリング体験ツアー
・北山杉を使った京北での箸づくり体験ツアー

【合わせて読みたい】

京都市、国慶節期間中の免税店の売上が減少

京都市観光協会がキャッシュレス決済の拡充へ連携

京都市がインバウンド助成金制度を創設

関連記事