ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「高知 蔦屋書店」12月3日オープン

「高知 蔦屋書店」12月3日オープン

投稿日 : 2018.12.04

高知県

ホテル関連ニュース

株式会社ウイルと、株式会社中四国TSUTAYAの合弁会社である株式会社高知蔦屋書店は、12月3日(月)に“職人のこだわりから 日常が楽しくなる市場”をコンセプトとした「高知 蔦屋書店」(住所:高知県高知市南御座6-10)をオープンした。

出典:TSUTAYA

職人のこだわりから 日常が楽しくなる“市場” 

「高知 蔦屋書店」は、“職人のこだわりから日常が楽しくなる市場”をコンセプトとし、高知県が誇る「食」と、本が織りなす「知の世界」が重なりあうことで、毎日新鮮な発見とにぎわいがあり、活気と笑顔にあふれた“市場”のような生活提案型の書店。
1Fは、“食と暮らしの市場”として、地元高知の「食」を中心に、雑貨や美容関連等の専門店と、「食」「暮らし」「美容」に関連する書籍が集い、職人のこだわりやさまざまな情報を五感で感じながら楽しむことができる空間。
2Fは、“私の書棚”として「旅」「ワークスタイル」「文化」を中心に、「新しい自分や、なりたい自分」を思い描く提案。
3Fは、“親と子どもの遊び場”として、高知県最大冊数の児童書と、高知県最大級のキッズスペースを展開することで子どもの学びと生きる力を育み、成長を手助けする。
また、女性活躍の先進県である高知県において、親子が一緒にゆっくりと楽しめる場所として、子育て支援にも注力し、様々な顧客が集う地域コミュニティの拠点として高知の人たちと共に創り、共に成長していく居心地のいい書店を目指す。

高知の人を応援する子育て支援センターや、キャリア支援センターも備え、交流を生み出す。倉庫をリノベーションした広々とした店内で開放的なテラスは特等席となる。

近年TSUTAYAは地方都市に次々と出店を行なっており、スタバとのコラボなどによりおしゃれで快適な滞在を演出することで、旧来の地方図書館では実現できなかったような滞在型の書店のライフスタイルを提案している。

出典:TSUTAYA

【合わせて読みたい】

「TSUTAYA」とコラボ 「H.I.S.岡山駅前営業所」オープン

高知県室戸市「岬観光ホテル」国の登録有形文化財

コンフォートホテル高知、10月1日(月)オープン

【夏祭りシーズン到来!④】土佐よさこい祭り、高知市客室在庫状況ー連載コラム

関連記事