ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 分散型民泊「Kamon Inn Karahashi」2020年2月9日開業

分散型民泊「Kamon Inn Karahashi」2020年2月9日開業

投稿日 : 2020.02.15

京都府

バケーションレンタル

株式会社いろは は、京都府京都市南区西九条唐橋町にて、エステサービスを提供する宿泊施設「Kamon Inn Karahashi」を、2020年2月9日(日)より営業開始した。京都・東寺エリアにおける宿泊者の地域回遊をさらに促進し、分散型民泊のモデルエリアの確立を目指す。

京都・東寺を分散型民泊のモデルエリアへ

出典:いろは

Kamon Innは、地域に密着した、旅のトータルプランニングを提供する宿泊サービス。地域を象徴する家紋を用いた一軒一軒表情が異なる宿泊施設を、京都を中心に展開し、Karahashiは京都・東寺エリア5棟目の施設となる。

「自分に優しい時間を」というコンセプトを設け、従来の宿泊サービスに加えて、エステサービス『Sakura』を提供。民泊というパーソナルな時間を過ごしやすい宿空間で、泊まるだけでなく、エステでの癒しを楽しみ、記憶に残る旅の演出を目指すという。

また、Kamon Innでは、『分散型民泊』という考え方で民泊を運営し、町と一体になった宿泊体験の提供を推進。

『分散型民泊』とは、特定のエリアで複数の宿泊施設を構え、地域回遊を促進する仕組みで運営する民泊のこと。食事や入浴、娯楽など、宿の中で完結していた宿泊関連サービスをエリア内に分散させることで、宿泊者が町を歩くきっかけを生み出すという。

つまり、民泊の役割を「泊まるところ」から「町のハブ」へと転換することで、新しい宿泊体験が提供できると考えているとのこと。これにより、宿泊者と町の接点最大化を実現し、空き家活用による地域貢献を目指すという。

【施設情報】
名称:Kamon Inn Karahashi
住所:京都府京都市南区西九条唐橋町43-5
営業時間:チェックイン15:00〜 / チェックアウト〜10:00
アクセス:近鉄京都線東寺駅 徒歩4分 / 東海道本線京都駅 徒歩14分

京都市南区宿泊施設展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市南区には宿泊施設が351、部屋数にして8,985室が提供されている。新規開業予定は4施設、部屋数にして695室が新たに供給される見込み。

同区内には403の民泊物件が確認された。

民泊物件の内訳は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

京町家再生「紡 稲荷庵」2020年2月2日開業

大阪のホテル専門学生が京町家の宿泊施設集客に挑戦

「THE MACHIYA KAZAHAYA」2019年11月11日開業

京都府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

京都府ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事