ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」2020年6月17日開業

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」2020年6月17日開業

投稿日 : 2019.06.18

神奈川県

新規ホテル情報

リゾートトラストは、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」(横浜市西区、146室)を、2020年6月17日に開業する。また宿泊予約の受付を、本日6月18日より開始した。横浜市西区ホテル展開状況と合わせてお伝えする。※開業延期

ハワイ・オアフ島「ザ・カハラ」がみなとみらい21に

出典:リゾートトラスト

ザ・カハラ・ホテル&リゾート」は、半世紀以上にわたり、アメリカ大統領や世界各国の要人や著名人を迎え、今なお数多くの人々を魅了し続けるハワイ・オアフ島のラグジュアリーホテルとして知られ、2014年10月以降、同社が経営を担っている。

「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」は、その“ザ・カハラ”ブランドを冠したグローバル展開の第一弾として、国際都市・横浜の美しい景勝に囲まれたみなとみらい21地区に誕生する。

このたび「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の総支配人に就任したマイケル ピーター カッシュ氏は、「この就任を非常に光栄に思います。“ザ・カハラ”ブランドを日本で初めて展開することは、非常に大きな挑戦でありますが、この開業を基軸にさらなるサービスの創造と向上を目指し、最も洗練された新しいラグジュアリーホテルとして、“ザ・カハラ”だからこそなし得る新しいサービススタイルを確立して参ります。」と述べた。

知性と五感を刺激するアロハスピリットに溢れたハワイと、世界中の新しい文化を尊重し受け入れ、ともに発展させてきた横浜が融合し誕生する「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」。世界のどこにもない全く新しいラグジュアリーホテルとして、人々に愛される“ザ・カハラ”の新しいストーリーを発信していくという。

波が寄せては返す「汀(みぎわ)」、クリスタルモダン

出典:リゾートトラスト

建物外観のデザインは、みなとみらいの海辺に佇む立地に溶け合うよう、波が寄せては返す「汀(みぎわ)」をイメージ。

館内空間のコンセプトは、“クリスタルモダン”。清々しい光を反射するクリスタルの輝きに満ち溢れ、シルバーとクリスタルの透明感が融合した、スタイリッシュでエレガントな空間。

今回のデザインは、国内海外において数々の5スターホテルのデザインを手掛ける観光企画設計社が担当した。

客室数は146室で、全室47㎡以上のゆったりとした広さを確保。なかでも「ザ・カハラ スイート」は、109~119㎡の広さを誇り、優雅で洗練された特別なホテルステイを約束するという。

出典:リゾートトラスト

<レストラン>
メインダイニングのイタリア料理レストランに加え、日本料理レストラン(鉄板焼も併設)とラウンジ&バーを開設。イタリア料理レストランでは、グラマラスな雰囲気の中で本格的なイタリア料理を楽しめる。

日本料理レストランでは、窓外に広がる水庭を眺めながら、ゆったりとした雰囲気の中で和食の真髄を堪能。ラウンジ&バーは、温かみのあるウッディな風合いとクラッシックモダンな空間の中で、オリジナルカクテルを片手に特別なひとときを楽しめる。

<スパ>
長さ約20mのインドアプール(温水)からは、横浜港を見渡す臨港パークや、海へと続くロマンチックで美しい並木道が広がる。また、VIPルームを含む全5室からなるトリートメントルームでは、セラピストの巧みな施術を通し、心身ともに癒やされリフレッシュできる極上のひとときを過ごせる。

<ボールルーム>
ゴールドとシルバーを基調としたクリスタルな輝きが、限りなきラグジュアリー感を演出する、407㎡のグランドボールルームと153㎡のボールルーム。宴会場や講演会場としてさまざまな用途に応える。

<ショップ>
“ザ・カハラ”オリジナルグッズの他、ハワイの土産として人気の高いマカダミアナッツ チョコレートも提供予定とのこと。

出典:リゾートトラスト

【同施設 概要】
名称:ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜(THE KAHALA HOTEL & RESORT YOKOHAMA)                                                        
所在地:横浜市西区みなとみらい一丁目8番1、8番9(地番)
アクセス:みなとみらい線「新高島」駅・「みなとみらい」駅より徒歩約8分       
敷地面積:9,486.76㎡(横浜ベイコート倶楽部を含む)
延床面積:48,114.46㎡(横浜ベイコート倶楽部を含む)
構造/規模:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造/地下1階、地上14階、塔屋1階
客室数:146室
開業予定日:2020年6月17日
基本構想:株式会社竹中工務店
設計・監理:株式会社観光企画設計社
※イタリア料理レストランのみ、HIRSCH BEDNER ASSOCIATES(ハーシュ・ベドナー・アソシエイツ)
施工:鹿島建設株式会社

出典:リゾートトラスト

神奈川県横浜市西区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、横浜市西区には宿泊施設が18、部屋数にして3,861室が提供されている。

新規開業予定は7施設、部屋数にして1,737室が新たに供給される予定。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルの他に、新規開業の注目としては、「ウェスティンホテル横浜」が2022年春に373室で開業を予定しており、長期滞在対応型ホテル 201室と併設する大規模施設の開業が見込まれている。

【合わせて読みたい】

「みなとみらい21中央地区53街区」事業予定者決定

「ウェスティンホテル横浜」2022年春に開業

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」2019年11月開業

みなとみらい21地区玄関口に進出「ホテルリソル横浜桜木町」4月25日開業

「ホテルリソル横浜桜木町」2019年4月25日開業

神奈川県ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

関連記事