ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR西日本、京都市中京区に新宿泊施設・物販店舗

JR西日本、京都市中京区に新宿泊施設・物販店舗

投稿日 : 2018.11.27

京都府

新規ホテル情報

彌榮(やさか)自動車とJR西日本不動産開発は、彌榮自動車が所有する京都市内中心部の下京区四条通油小路東入ル傘鉾町に所在する約750坪の土地について、両社間で借地に関する基本合意を行い、JR西日本不動産開発が宿泊主体型ホテルと物販店舗からなる「(仮称)四条西洞院計画」を開発する。

(仮称)四条西洞院計画

彌榮自動車とJR西日本不動産開発は、彌榮自動車が所有する京都市内中心部の下京区四条通油小路東入ル傘鉾町に所在する約750坪の土地について、この地域の魅力をより高める活用策を検討してきた。
このたび、両社間で借地に関する基本合意を行い、今後、彌榮自動車が既存の建物(現:ヤサカパーキングビル)を解体後、JR西日本不動産開発が建物の建設に着手する。
同開発計画においては、上層階に国内・海外問わず顧客満足度が高いハイグレードな宿泊主体型ホテルを、低層階には四条通に面する立地特性を活かした地元の人々が便利に利用できる物販店舗を誘致し、地域のより一層の活性化に寄与できる施設を目指していくという。

〈土地・建物の概要〉

名称:(仮称)四条西洞院計画

所在地:京都市下京区四条通油小路東入ル傘鉾町地内

敷地面積:2,505.5平方メートル

用途地域:商業地域 指定建ペイ率:80パーセント 指定容積率:700パーセント

〈開発構想の概要〉

主な用途:店舗、ホテル、駐車場
建物階数:地上8階建て
建ペイ率:約79パーセント 容積率:約484パーセント
建物高さ:約31メートル
建築面積:約2,000平方メートル
延床面積:約12,000平方メートル
用途面積:(店舗)約2,000平方メートル、(ホテル)約8,200平方メートル、(駐車場・駐輪場)約1,600平方メートル

京都市中京区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、京都市中京区には宿泊施設が383、部屋数にして9,698が提供されている。

新規開業予定は同ホテルの他に、4施設あり部屋数にして344の増加を見込んでいる。

【合わせて読みたい】

JR西日本「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2019」発売

JR西日本「ホテルヴィスキオ京都」2019年5月30日開業

JR西日本「ヴィアイン広島新幹線口(仮称)」2020年春開業

関連記事