ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR東日本グループ、WAmazingと資本業務提携

JR東日本グループ、WAmazingと資本業務提携

投稿日 : 2019.03.07

指定なし

インバウンド

JR東日本スタートアップと、訪日外国人旅行者向けプラットフォームサービスを提供するWAmazingは、JR東日本の持つ資産を活かした訪日外国人旅行者向けサービスの充実に向け、資本業務提携することを合意した。

訪日外国人旅行者向け新規サービス事業化に向けて

出典:JR東日本スタートアップ

JR東日本グループでは、近年の訪日外国人旅行者の増加に伴い、ニーズに応えるサービス展開や、各地域への情報発信が課題となっている。

こうした中、WAmazingはインバウンド旅行者向けにさまざまな観光商品の予約・購入(宿泊やアクティビティ等)が可能なプラットフォームサービスを展開しており、日本の主要空港に設置しているSIMカード受取機を活用して日本国内でのインターネット通信環境を無償提供するとともに、利用者に対して地域の観光情報発信も可能にしている。

JR東日本では、こうした“訪日外国人旅行者向けのプラットフォームサービス”に親和性を感じるとともに、同社がすでにJR東日本グループとともに訪日外国人旅行者の顧客向けのお得なフリーパスをアプリで予約・決済できるサービスの実証実験に着手している実績を踏まえ、今回の資本業務提携へと至った。

今後は両社で駅ナカ施設などJR東日本グループの商品の販売強化や沿線地域への訪日外国人旅行者の誘客に向けて、新規サービスの事業化を進めていくという。

WAmazingは2016年7月創業の訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスを展開するスタートアップ企業であり、2017年度のJR東日本スタートアッププログラムにおける「アクセラレーションコース」の採択企業。

WEB、APP、Wechatにて宿泊施設・レジャー施設などの予約購入が可能で、日本国内の国際線定期便就航20空港において無料SIMカードの提供をフックに会員を増加させている。台湾・香港・中国に加えASEANに向けても拡大中という。

【合わせて読みたい】

JR東日本スタートアッププログラムが「経済産業大臣賞」受賞

JR東日本とWAmazingが成田空港でフリーパス実証実験

関連記事