ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JR四国とAirbnbが提携、空き物件活用で宿泊施設共同開発

JR四国とAirbnbが提携、空き物件活用で宿泊施設共同開発

投稿日 : 2018.10.30

徳島県

香川県

愛媛県

高知県

バケーションレンタル

JR四国とAirbnb-Japanは、包括的業務提携に関する覚書を締結。両社は双方のネットワークを活用し、「地域に根ざした宿泊」や「地域の風土や文化を楽しむことが出来る体験」を充実させることで、より多くの旅行者が四国を暮らすように旅しながら周遊できる旅の実現を目指す。

出典:Airbnb

四国の観光資源を世界に向けて発信

Airbnbは、四国の豊かな自然や風土を地域に根ざした企業・個人の方々と協業することで、日本の地域社会に根ざしたホームシェアリングの構築と新しい旅の実現を目指している。
また、JR四国は、地域に根ざした企業として、鉄道事業、旅行業をはじめ、ホテル事業やマンション事業等を通して、「四国とともに歩む企業グループ」を目指している。
両社は双方のネットワークを活用し、「地域に根ざした宿泊」や「地域の風土や文化を楽しむことが出来る体験」を充実させることで、より多くの旅行者が四国を暮らすように旅しながら周遊できる旅の実現を目指し、このたび業務提携をした。同提携によって、四国の地域観光を盛り上げるとともに、地方経済の活性化にも力を注いでいく。

具体的には、今回の提携において、両社はより多くの観光客に四国エリアを旅行してもらうため、地域の空き物件等を活用した宿泊施設および体験プログラムの共同開発を実施するとともに、宿泊及び体験ホストへの支援を実施していく。
また、日本地域に根ざした住宅宿泊事業法(民泊新法)の更なる発展とシェアリングエコノミービジネスの拡充に向けた事業推進を行う「Airbnb-Partners」へも参画予定。

両社代表の調印式、トークセッションが11月17日開催

第一号のコラボ企画として、JR四国が徳島県三好市池田町にてオープンする宿泊施設の集客をAirbnbが支援するとともに、体験コンテンツの共同開発、世界に向けた発信を行う。

施設名 :「4S STAY 阿波池田駅前」

場所:徳島県三好市池田町サラダ1804-9

建物延べ床面積:253.8㎡
用途:簡易宿所、飲食店
客室数:5室
最大収容数:27名

11月17日(土)に、同施設において両社が実施する四国の観光開発についてのイベントをAirbnbの全国キャラバンツアーの一環として開催する。

JR四国とAirbnb-Japanの両社代表取締役社長による調印式やトークセッションを予定している(参加費無料)。

申し込みなど詳細は公式サイト参照。

【合わせて読みたい】

渋谷ツタヤにエアビーカフェ期間限定オープン

宅都ホールディングスとAirbnbが民泊事業で業務提携

エアトリステイがAirbnb向けワンストップサービスで事業提携を相次ぎ拡大ーリノベ不動産STAY、グランドゥース

エアビーが日本独自の産業横断型のパートナーシップを立ち上げーワンストップサービスをフランチャイズ化し全国展開

三好不動産、Airbnbと提携し宿泊事業へ参入

関連記事