ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 渋谷ツタヤにエアビーカフェ期間限定オープン

渋谷ツタヤにエアビーカフェ期間限定オープン

投稿日 : 2018.10.30

東京都

バケーションレンタル

Airbnbは、渋谷TSUTAYA内の7F、カフェ・カンパニー株式会社が手掛けるBOOK&CAFE「WIRED-TOKYO-1999(SHELF67)」にて、Airbnb-Cafeをオープン。だれでもどこでもAirbnbで「わが家」を見つけることができる「いろんなわが家に旅しよう」キャンペーンの一環として行われている。

出典:カフェカンパニー

渋谷ツタヤ「AirbnbCafe」、全国キャラバンツアーも

Airbnbは、渋谷・スクランブル交差点に面する「SHIBUYA-TSUTAYA」7FにあるBOOK&CAFE「WIRED-TOKYO-1999(SHELF67)」にて、10月26日(金)〜11月19日(月)の期間限定で「Airbnb-Cafe」を開催。
「Airbnb-Cafe」は、「いろんなわが家に旅しよう」と名付けたキャンペーンの一環で、世界191カ国に広がるAirbnbでの新しい旅の可能性を日本中の人に知ってもらいたいという想いで企画された。グローバルミッションである’Belong-Anywhere’を基盤とし、だれでもどこでもAirbnbで「わが家」を見つけることができる、というアイディアを表現している。
店内は、「ホームシェアリング」や「体験」を通して旅全体をプロデュースするAirbnbを活用した、新しい旅の可能性を体感できるスペースとなっている。寛ぎながら旅を楽しめるリビングコーナーに、ゲストが自由に楽しめるフォトジェニックなスペース、「地域に息吹く生活や環境に触れ合う旅を感じる一冊」をテーマに、店内の本棚の一角を日本国内の旅を軸にセレクトしたコーナーを展開。
さらに、Airbnbオリジナルのドリンクやフードを各2種ずつ用意。そしてAirbnb体験クーポンを配布する。期間中は店内BGMとして、音楽メディア「Spincoaster」とコラボレーションした「旅×音楽」をテーマにした曲を放送し、毎週金曜の夜には、「Weekend-Session」と題して渋谷界隈で活躍するDJが登場するなど、カルチャーの発信地である渋谷に位置する「SHIBUYA-TSUTAYA」内のBOOK&CAFE「WIRED-TOKYO-1999(SHELF67)」から、Airbnbならではの旅の楽しさを感じられる、様々なコンテンツを展開する。

<Airbnb-Cafe 概要>
名称: Airbnb-Cafe
期間: 2018年10月26日(金)~11月19日(月)
営業時間: 10:00~26:00
(ランチタイム:10:00~17:00、ラストオーダー:フード23:00、ドリンク25:00)
場所: WIRED-TOKYO-1999、東京都渋谷区宇田川町21-6 QFRONT7FSHELF67/SHIBUYA-TSUTAYA内

_Y1_5297.JPG

出典:カフェカンパニー

さらにAirbnbは、同日の26日から、北海道や大阪、島根、福岡など国内10都市を巡る全国キャラバンをスタート。

同キャラバンは、Airbnbのキャラバンカーが全国をまわり、Airbnbに興味がある人に対してAirbnbの既存ホストとコミュニケーションをとることができるミートアップイベントを実施することで、その地域のユニークなカルチャーを発信し、人と人を繋いでいくという想いがこめられている。

【合わせて読みたい】

宅都ホールディングスとAirbnbが民泊事業で業務提携

エアトリステイがAirbnb向けワンストップサービスで事業提携を相次ぎ拡大ーリノベ不動産STAY、グランドゥース

エアビーが日本独自の産業横断型のパートナーシップを立ち上げーワンストップサービスをフランチャイズ化し全国展開

三好不動産、Airbnbと提携し宿泊事業へ参入

関連記事