ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JNTO、中東地域での訪日プロモーションを本格化、ドバイ新事務所開設へ

JNTO、中東地域での訪日プロモーションを本格化、ドバイ新事務所開設へ

投稿日 : 2019.05.16

海外

インバウンド

日本政府観光局(JNTO)は、富裕層旅行市場として高い潜在性が期待される中東地域からの訪日旅行者の増加と旅行消費の拡大を目指し、中東地域最大規模の商談会「Arabian Travel Market 2019 Dubai」への出展、ドバイへの新事務所開設準備や、中東地域でのプロモーションを本格化する。

出典:JNTO

JNTO は、中東地域でのプロモーション活動の第一段として、4月28日から5月1日にかけて、アラブ首長国連邦 (UAE)ドバイで開催された中東地域最大規模の BtoB 商談会「Arabian Travel Market 2019 Dubai(ATM)」に、DMC(ディステネーション・マネジメント・カンパニー)や宿泊施設、運輸事業者など11社と共同出展した。

四季や日本文化をテーマとしたジャパンブースでは、4日間で約1,400件の商談が行われ、現地旅行業関係者に向けて旅行目的地としての日本の魅力が発信された。

また、イベント初日には現地主要メディア向けのプレスカンファレンスを開催し、JNTO 総括理事の志村務氏が、日本における訪日旅行市場としての中東地域への関心の高まりや JNTO による中東地域での今後の取り組みについて説明した。

JNTO および観光庁は今年3月に、富裕層旅行市場として高い潜在性が期待される中東地域を、訪日旅行の誘客プロモーション活動を強化する「準重点市場」に選定しており、今後、JNTO では、中東地域での情報収集・分析を行い、現地でのプロモーション活動基盤として現地の旅行業関係者に日本のセールス活動を行うレップを設置、さらには、2020年を目標にドバイに新事務所を開設し、現地に根差した訪日プロモーションを推進していく方針だ。

【合わせて読みたい】

JNTO「MICEセミナー~BASIC~」5月30日(木)開催

JNTO、ビジット・ジャパン「官民連携事業」事業化アイデア

JNTO、国際MICEエキスポ(IME2019)開催

H.I.S.×ドバイ政府観光・商務局ドバイへの渡航促進

関連記事