ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JARVISホテル「an/other TOKYO」5月12日開業

JARVISホテル「an/other TOKYO」5月12日開業

投稿日 : 2019.05.17

東京都

新規ホテル情報

株式会社リミックスポイントの子会社である株式会社ジャービス(JARVIS)は、同社第1号となるホテル「an/other TOKYO(アナザートウキョー)」(200室、東京都中央区京橋2-5-4)を2019年5月12日(日)にグランドオープンした。

キャビン・コンパートメント全200室とレストラン・カフェ

出典:リミックスポイント

「an/other TOKYO」はレストランやカフェも併設しており、宿泊や食事の顧客に「an/other=すこしだけ、ちがう。すこしだけ、あたらしい。」というコンセプトの体験や価値観を提供する。

リミックスポイントは、法律改正・環境変化が見込まれる事業領域に対して積極的に事業開発・投資を実施。旅行関連事業の領域では、インバウンド需要が加速していく中、2016年8月10日にJARVISを設立し、旅館業法上認められた方式でのスマートホテルの事業開発、宿泊施設運営、およびブランディング・デザイン等のサービス展開を推進してきた。

an/other TOKYOは、1つの企業が企画開発、デザイン、設計、運営まで一貫して行う新しいモデル。
さらに、10階建ての1つの建物に異なる空間をミックスし、同一のコンセプトで世界観を統一した。

出典:リミックスポイント

コンパートメント:64室( type S/13.69㎡:10,600円~)
キャビン:136室(type S/2.5㎡ :3,900円~)
洋食レストラン
カフェ(近日オープン予定)

宿泊客は、通常タイプの部屋であるコンパートメント、もしくは、コンパクトながらプライベート感のあるキャビンから選べる。

食事や軽食のニーズには、レストランとカフェが応える。これらの数の空間を取り揃え、同一コンセプトで運営されるホテルは希少。JARVISのこだわりを詰め込んだan/other TOKYOをブランドショールームとして訴求していく考え。

出典:リミックスポイント

東京都中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都中央区には宿泊施設が179、部屋数にして24,700室が提供されている。新規開業予定は46施設、部屋数にして6,737室が新たに供給される見込み。

同ホテルの周辺半径1キロ圏内には宿泊施設が83、部屋数にして12,100室が提供されている。同圏内の新規開業予定は24施設、部屋数にして3,773室と激戦地での開業となった。

【合わせて読みたい】

JARVIS第一号ホテル「an/other TOKYO」2019年5月開業

ホテル「JARVISブランド」、IoT技術「顔パス」機能導入

東京23区ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事