ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日本郵便とJR東日本、郵便局窓口業務と駅窓口業務の一体運営

日本郵便とJR東日本、郵便局窓口業務と駅窓口業務の一体運営

投稿日 : 2019.08.23

千葉県

ホテル関連ニュース

日本郵便とJR東日本は、さまざまな分野で連携の検討を行っており、このたび、「郵便局と駅の機能連携」として、現在無人駅となっている内房線江見駅(千葉県鴨川市)において、郵便局における駅窓口業務の一体的な運営を初めて実施する。

千葉県鴨川市の江見郵便局を江見駅の敷地内に移転し、新たに駅と一体となった郵便局舎を建設し、江見郵便局において駅窓口業務の取り扱いを行う。

駅窓口業務の取扱内容は、普通乗車券、定期券などの乗車券類及び無記名式のSuicaの販売業務、精算業務、列車の発車時刻、運賃の案内業務など。

実施時期は2020年8月(予定)。

出典:JR東日本・日本郵便

【合わせて読みたい】

JR東日本「案内AIみんなで育てようプロジェクト(フェーズ2)」

日本初!佐川急便とJR北海道が貨客混載事業を本格稼働

JTB、定額タクシーで高齢者外出支援の事業化を目指す

インバウンド誘客による地方鉄道活性化の方向性

関連記事