ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JAL、遠隔手話通訳サービスを開始

JAL、遠隔手話通訳サービスを開始

投稿日 : 2018.12.16

指定なし

ホテル関連ニュース

JALでは、さまざまな場面でのアクセシビリティーを向上するための取り組みを進めており、今般、その一環として、聴覚障がいのある顧客などが、手話を使って各問合せ窓口での手続きができるよう遠隔手話通訳サービスを開始した。

出典:JAL

バリアフリー化を含めたアクセシビリティーの向上へ

遠隔手話通訳サービス(株式会社シュアール提供)を、JAL グループのコールセンターや、JALプラザ、羽田空港の一部カウンターへの問い合わせ・手続きの際に利用できる。これまで使っていたメールやFAX、筆談に加え、手話でも問い合わせできるようにすることで、よりタイムリーな案内を実現する。

【利用が可能な窓口】
① 国内線/国際線の予約・購入・問い合わせ
② JALマイレージバンク事務局
③ JALプライオリティ・ゲストセンター
④ JAL意見・要望デスク
⑤ JALカード各顧客対応窓口
⑥ ジャルパック国内/海外ツアーに関する予約・問い合わせ
⑦ JALプラザ
⑧ 羽田空港国内線ターミナル(2019年3月末日までトライアルを実施。)

自身のパソコンやスマートフォンなどの端末から、JALホームページのURLから遠隔手話通訳サービスのページに進む。また、JALプラザと羽田空港では、タブレット端末を用意している。

【合わせて読みたい】

JTB Diversity Week 2018

JATA「2018年度ユニバーサルツーリズム推進セミナー」

観光庁がユニバーサルツーリズム促進事業を公募

東京都主催、アクセシブルツーリズム推進セミナー

東京パラリンピックに向けてー観光庁、宿泊施設のバリアフリー促進事業

LGBTフレンドリーなホテルを目指して、アウトジャパン

関連記事