ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JALが2020年の成田発着国際線ネットワーク拡充

JALが2020年の成田発着国際線ネットワーク拡充

投稿日 : 2019.10.30

千葉県

インバウンド

JALは、2020年の成田空港発着の国際線ネットワークを更に拡充する。今回JALが新たに成田空港に就航する路線は、ウラジオストク線、ベンガルール線及びサンフランシスコ線の3路線となっており、このうちベンガルール線は成田空港にとっても新規路線となる。また、グアム線も増便される。

成田=ウラジオストク線は、2020年2月28日より運航を開始。3月28日までの2019年度冬期ダイヤ期間においては週間3便で運航し、3月29日からの2020年度夏期ダイヤにおいては毎日運航。わずか2時間あまりで訪れることができる異国情緒に溢れたウラジオストクの魅力を、旅程の初日から味わえるダイヤ設定とするという。

成田=ベンガルール線は、2020年3月29日より運航を開始。日本地区の顧客のみならず、「インドのシリコンバレー」と呼ばれるベンガルールをはじめ、インド南部地域と北米間を往来される顧客にも、成田経由でスムーズな乗り継ぎの旅を提供する。

成田=サンフランシスコ線は、2020年3月29日より運航を開始。成田=ベンガルール線をはじめとするアジア路線との乗り継ぎに便利なダイヤ設定とすることで、北米=アジア間を往来する多くの顧客に利用され、成田空港のハブ機能を向上させる。また、羽田=サンフランシスコ線とあわせて東京・サンフランシスコ間を一日に2便運航することにより、日本と北米を往来する顧客にも利用しやすい路線ネットワークを提案する。

成田=グアム線は、2020年7月1日より増便し、旺盛なグアムへの観光需要に応える。顧客に好評を得ている「JAL SKY SUITE」機材を投入し、ますます多くの顧客に便利で快適なJALの翼を提供するという。

出典:成田国際空港

【合わせて読みたい】

JALとアマデウス、戦略的パートナーシップ締結

ANA、成田=ロシア・ウラジオストク線新規開設

JAL、成田=ウラジオストク線を開設

サンフランシスコ国際空港内にグランド ハイアットがオープン

関連記事