ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > JAL Innovation Fundが次世代モビリティ3社に出資

JAL Innovation Fundが次世代モビリティ3社に出資

投稿日 : 2020.02.24

指定なし

ホテル関連ニュース

JALは、有望なスタートアップ企業への投資を行うCVC(コーポレート・ベンチャーキャピタルファンド)「Japan Airlines Innovation Fund」を通じて、シームレスな移動・輸送の実現への貢献が期待される次世代モビリティに関連する企業へ出資した。

JALでは、これまで培ってきた安全運航に関わるノウハウ、アセットを起点に、「世界中のヒト・モノ・コトの距離を縮め、豊かな社会を実現する」ことを目標に、事業領域を拡げることを目指しているという。

その取り組みの一つとして、「シームレスな移動・輸送を実現する、総合エアモビリティサービス」の提供を目指しており、ドローンを活用した物流サービスの検証に向けた連携協定の締結や、eVTOL(電動垂直離着陸機)機材を用いたサービス提供の検討開始などに取り組んできた。

今般、次世代モビリティに関連する企業である以下3社への出資に加えて、当該領域の拡大に向けて2020年1月にJAL内で新設した専門組織による成長に向けた支援を通して、各社の持つ最先端技術やビジネスモデルとの連携を深め、これまで以上にスピード感のある価値創造の実現を図るという。

出資先は以下の通り。

・Volocopter GmbH(本社:ドイツ、CEO:Florian Reuter)
eVTOLと呼ばれる次世代型のエアモビリティを開発しており、2019年10月にはシンガポールでの有人飛行実証実験を成功させ、今後グローバルな事業展開が期待される。

・Bestmile SA(本社:スイス、CEO:Raphael Gindrat)
自動車などの配車管理を最適化するプラットフォームを開発、世界複数都市での導入実績があり、自動運転タクシーなどMaaSの普及に大きく貢献することが期待される。

・Fetch Robotics, Inc.(本社:米国、CEO:Melonee Wise)
Fetch Robotics社は、倉庫や工場などの大規模施設内における物資の自動運搬ロボットおよび管理プラットフォームを開発、倉庫内作業のオートメーション化により労働力不足を補完するなどの導入効果が評価され、多くの企業で採用されている。

【合わせて読みたい】

「ホテルJALシティバンコク」2020年5月8日開業

ANA/JAL、国際線運航便一時運休・減便・小型化を追加決定

ホテル日航大阪 新総料理長に小西 太郎氏が就任

ホテル日航金沢、日本料理「弁慶」2020年3月10日改装開業

「ホテル日航つくば」「ホテルJALシティつくば」2020年4月1日リブランド開業

関連記事