ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 6月訪日客数、前年同月⽐99.9%減、韓国台湾は国内旅行促進

6月訪日客数、前年同月⽐99.9%減、韓国台湾は国内旅行促進

投稿日 : 2020.07.15

指定なし

インバウンド

JNTOによると、2020年6月の訪日外客数は、2,600⼈(前年同月⽐ 99.9%減)となり、3か月連続で、全市場で訪日外客数がほぼゼロに近い数字となった。海外旅行が制約されるなか、感染が比較的に抑えられている韓国や台湾では国内観光が振興されている。

2020年6月の訪日外客数は、2,600⼈(前年同月⽐ 99.9%減)となり、9か月連続で前年同月を下回った。
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大により、日本において検疫強化、査証の無効化等の措置が引き続き取られていること、また、多くの国においても海外渡航制限等の措置が取られていること等が、3か月連続で、訪日外客数がほぼゼロに近い数字となる要因となった。

JNTOは新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界的に旅⾏需要が停滞している状況にあり、感染症の推移とともに今後の市場動向を注視していく必要があるとしている。

韓国においては、7月1日から19日までを「2020 特別旅行週間」と位置付けるなど韓国政府が国内旅行需要活性化に向けた取り組みを行っている。他方で、海外旅行の中止、延期を国民に要請する特別旅行注意報は7月19日まで延長されており、日本への直行便は7月も大幅な運休・減便となっている。

台湾においては、観光業の回復に向けた計画が発表されており7月1日から台湾域内観光が促進されている。しかし、旅行業界に対する海外団体旅行取扱中止勧告は7月31日まで延長されており、日本への直行便は7月も大幅な運休・減便となっている。

中国では中国政府外交部より海外旅行自粛の指示が出されていることから、観光客の渡航は実質的に不可能な状況が続いており、日本側でも3月9日以降、検疫強化、査証の無効化等の対象となったこと等により、訪日者数は前年同月を大幅に下回った。日本への直行便については7月も引き続き大幅な運休・減便となっている。

【合わせて読みたい】

2020年5月の訪日外客数、1,700⼈で前年同月⽐99.9%減

訪日外客数4月、前年同月⽐ 99.9%減の2,900⼈

2020年3月の訪日客数、前年同月比 93.0%減の19万4千人

訪日外客数2020年2月、前年同月比58.3%減、今後の展望は

訪日外客数2020年1月、前年同月比1.1%減266万1千人

関連記事