ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「IMPREST STAY Tokyo Kamata」2020年2月15日開業

「IMPREST STAY Tokyo Kamata」2020年2月15日開業

投稿日 : 2020.01.29

東京都

バケーションレンタル

エイムズは、双日新都市開発との共同事業として、東京オリンピック/パラリンピックでの滞在先としても好適なファミリーやグループ向け特区民泊型ホテル「IMPREST STAY Tokyo Kamata」を2月15日(土)、東京大田区の京急蒲田に開業する。

特区民泊制度利用、全収容人数は最大規模の150名

出典:エイムズ

同施設は、賃貸リフォーム&リノベーションを手掛けるエイムズ株式会社と、大手不動産デベロッパーの双日新都市開発株式会社の共同事業として、双日新都市開発株式会社の所有物件をエイムズ株式会社が一棟リノベーションし運営する共同事業。

また、大田区が外国人旅行者誘致に向け都内で唯一取り組んでいる特区民泊制度を活用し、全収容人数は同制度最大の150名以上になっている。

羽田空港を有する大田区では訪日外国人の増加に伴い、利用者のみならず、近隣住民にとっても安全・安心な民泊を推進すべく、2016年1月から全国に先駆けて特区民泊(大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)を実施。

民泊サービスの規定を明確に設定し、行政が一定の関与をすることで安全性・衛生面に配慮した滞在施設を提供する環境を整備し、地域経済の活性化、観光、国際都市の推進につなげる目的。

同施設は、部屋数は全部で22部屋、各住戸の面積は71.7~76.68平方メートル、1LDKから3LDKの3タイプの間取りを用意。各部屋には7~8名ほどが滞在可能で、大人数が一度に利用、宿泊できるホテルは他にあまり類をみず、大田区の特区民泊制度が適用される施設としては収容人数、延べ客室面積ともに最大。

ファミリー層をターゲットに、内装のテイストもシンプルモダンや西海岸風等、全部屋特長のあるリノベーションを施した。

同施設は、スマートロック、自動チェックイン機を導入することで、省力化を図りつつ、24時間チェックインを実現した。

出典:IMPREST STAY Tokyo Kamata

【同施設 概要】

名称:「IMPREST STAY Tokyo Kamata」(インプレスト ステイ トーキョ― カマタ)

所在地:東京都大田区西糀谷4丁目31番3号

アクセス:京浜急行本線「蒲田」駅徒歩6分、京急空港線「糀谷」駅徒歩3分

建物:鉄筋コンクリート造6階建て

延べ床面積:499坪

客室数:全22室

客室料金:25,000円/室~

室内設備:3口ガスコンロシステムキッチン、冷蔵庫、炊飯器、調理食器類、洗濯機、TV、食洗器、浴室乾燥機付きユニットバス、独立トイレ、独立洗面台、玄関土間等

東京都大田区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都大田区には宿泊施設が125、部屋数にして10,368室が提供されている。

新規開業予定は7施設、部屋数にして4,039室が新たに提供される予定。

【合わせて読みたい】

東横INN大森、2020年4月24日開業

羽田空港直結“オールインワン・ホテル”「羽田エアポートガーデン」

【首都圏空港対決】成田市 v 東京都大田区 ホテル展開状況

アマネクが「蒲田駅前」、「京都河原町五条」を相次ぎ開業

アパホテル、大田区「大森」駅前に大浴場付ホテル

関連記事