ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 国際博物館会議(ICOM)京都大会2019、1/7参加登録開始

国際博物館会議(ICOM)京都大会2019、1/7参加登録開始

投稿日 : 2018.12.26

京都府

インバウンド

ICOM京都大会2019組織委員会は、2019年9月1日から7日に日本で初めて開催される「国際博物館会議(ICOM)京都大会2019」のオンライン早期登録受付を、2019年1月7日(月曜日)午前9:00(日本時間)から公式ウェブサイト上で開始する。

文化をつなぐミュージアムー伝統を未来へー

「国際博物館会議(ICOM)京都大会2019」は、世界141の国と地域が参加するICOM(International Council of Museums:国際博物館会議)が3年に一度行う世界大会であり、2019年9月1日から7日の1週間、京都市の国立京都国際会館をメイン会場として開かれる。

京都大会のテーマは「Museums as Cultural Hubs:the Future of Tradition(文化をつなぐミュージアムー伝統を未来へー)」。

30からなる国際委員会ごとに、博物館が伝統的な文化を活かしながら豊かな未来を創造する文化的な拠点として新たな機能を創出し、社会的な役割を果たすために何ができるか、何をするべきなのかを考え、活発な議論が展開される。

ICOM京都大会の参加登録料は、ICOM会員/一般(ICOM非会員)/同伴者/学生/1日券の5タイプに分かれているほか、早期登録割引(2019年4月30日まで※予定)を用意。 一般(ICOM非会員)は早割料金で56,000円、学生は早割料金で31,000円(その他料金詳細は公式サイト参照のこと)。

今回初めて、1日参加パス「One Day Pass(1日パス)」を発行。受付はICOM京都大会公式サイトで行い(※団体会員の受付開始は後日予定)、支払はクレジットカード並びに銀行振込で受け付ける。

ICOM(International Council of Museums:国際博物館会議)は、ミュージアムの進歩発展を目的とした、世界で唯一かつ最大の国際的非政府組織。

1946年に創設され、2016年には世界141の国と地域から37,000人のミュージアム関係者が、加入している。本部はパリにあり、専門分野別に組織された30の国際委員会を中心に、国際的観点から博物館を取りまく様々な課題に取り組んでいる。

【開催概要】

会議名: 第25回 国際博物館会議(ICOM)京都大会2019

会期: 2019年9月1日(日)ー9月7日(土)

テーマ: 文化をつなぐミュージアムー伝統を未来へー(Museums as Cultural Hubs: The Future of Tradition)

主催: ICOM、ICOM日本委員会、ICOM京都大会2019組織委員会、公益財団法人日本博物館協会

共同主催: 日本学術会議

会場: 国立京都国際会館(メイン会場)、京都府・市内の博物館や文化施設、大学など

参加者: 約3,000名(海外参加者を含む)

参加資格: ICOM会員でなくても誰でも参加可能(参加料が必要)

なお、大会期間中の宿泊については、ICOM大会用に各種ホテルを確保して、ICOM京都大会公式サイトから申込めるようにする他、安価なゲストハウス情報も、ICOM京都大会公式サイトで提供する。

出典:ICOM京都大会2019組織委員会

【合わせて読みたい】

京都MICE振興へ、博物館に無料Wi-Fi補助金

京都市、宿泊施設従業員向け歴史・文化体験研修

関連記事