ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ヒューマンアカデミー、京都府「宿泊業生産性向上セミナー」

ヒューマンアカデミー、京都府「宿泊業生産性向上セミナー」

投稿日 : 2018.12.05

京都府

ホテル関連ニュース

教育事業を運営するヒューマンアカデミーは、京都府が実施する「平成30年度宿泊業の生産性向上セミナー実施業務」を受託。「お客様と従業員に選ばれ、最大生産性をあげる宿泊施設を創る」を全体テーマに、京都府内に所在する旅館・ホテルの経営者や現場リーダーに向け実施する。

生産性向上における人手不足の解消

宿泊業における人手不足や非正規雇用率の高さが近年、深刻な課題となっている。

持続的な発展を遂げていくためには、経営体質の強化を図り、より質の高いサービスの提供が必要。しかし、現状は将来展望の立てにくさや人件費負担増の課題などもあり、正規雇用の拡大が進んでいない状況。

同事業では、宿泊業界の経営者や現場リーダー層などを対象とした、生産性向上のノウハウ及びスキルを身につけるためのワークショップ形式のセミナーや講座を提供する。

学びを通して、生産性向上における人手不足の解消、経営改善・収益率向上に向けた業務改善活動を促進し、正規雇用の拡大と顧客サービスの向上につなげることを目的としている。

【同セミナーの特長】
・MBAを取り入れたカリキュラム
経営学修士であるMBA(Master of Business Administration)のノウハウを許に、MBAマーケティングに裏付けされた生産性向上のための具体的な経営手法が学べるカリキュラムを提供。
・有識者の知見を生かしたカリキュラム
大学の観光学部の教授による、アカデミックな理論と知識を取り入れたカリキュラムを提供。
・観光庁選定「観光カリスマ」の知見を生かしたカリキュラム
観光庁が観光振興を成功に導いた人々を「観光カリスマ百選」として選定しており、その観光カリスマを講師に迎えたカリキュラムを提供。
・参加者同士の交流会の開催
交流会の開催を通して同業者ネットワークの構築を支援。

契約期間は2019年3月20日まで。

ヒューマンアカデミーは、これまで全国の様々な自治体とともに、観光・インバウンド関連に対する対応支援事業を実施。こうしたノウハウを活かし、今後も地方創生に貢献していく。

【合わせて読みたい】

神奈川県「県西未病観光コンシェルジュ」育成セミナー

関連記事