ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 台風接近で地域住民がホテルに避難者が殺到

台風接近で地域住民がホテルに避難者が殺到

投稿日 : 2020.09.07

指定なし

ホテル関連ニュース

台風10号の接近が予想される沖縄県や熊本県などので地域でホテルに避難者が殺到した。

3密警戒でホテルへ避難する人が続出

大型で強い台風10号が接近することを受け、ホテルに自主避難する地域住民が続出した。

昨年までと異なり、台風だけでなく新型コロナウイルス感染に警戒する必要があることから、「3密」の心配がある避難所よりも、ホテルなどの宿泊施設に避難する地域住民が多くいたようだ。

各宿泊施設は窓ガラスや入り口の補強といった台風対策の他、避難を検討する地域住民からの問い合わせの電話が相次いだため、スタッフが対応に追われた。避難する住民で混雑し、断続的な停電もあったため、チェックインに時間がかかった宿泊客も多かったとのこと。

また避難所でも消毒や換気、「3密回避」といった新型コロナウイルス感染対策が必要となっている。各地の自治体は避難者同士の距離を保つため、収容人数を減らす対応を取った。収容人数が減ったことから、一部の避難所が満員に。受け入れられなかった人に対しては、周囲にある別の避難所を案内する避難所などなどの対策をとったとのこと。

自治体は避難所だけでなく、ホテルなどの宿泊施設や友人・親戚宅、自宅の2階、安全な場所での車中泊などの「分散避難」を呼びかけている。

新型コロナウイルス感染が長引く場合は、今後も台風などの災害が発生した際に同じような事態になると考えられる。宿泊施設としては、食料や防災用品の備蓄といった台風対策の他に、台風接近時の従業員の増強、停電時のチェックイン対策なども必要となりそうだ。

台風10号は既に九州を通過しているが、九州各地で少なくとも46人の怪我人、町に木の枝や家屋の破片が飛び散るなど被害が出ている。

合わせて読みたい
  • ロボットを導入した「宿泊療養施設等の感染...

  • 別府「ホテル三泉閣」約12億円の負債を抱...

  • 「GoTo」参加宿で感染者の宿泊利用6件

  • 「熊本市プレミアム宿泊クーポン」1人1泊...

関連記事