ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 京都下京区に「ホテル トウ 西洞院 京都 バイ ウィズシード」が開業

京都下京区に「ホテル トウ 西洞院 京都 バイ ウィズシード」が開業

投稿日 : 2021.04.22

京都府

新規ホテル情報

ウィズシード・ホスピタリティ・マネジメント株式会社(東京都中央区)は、2021年4月20日(火)、京都市下京区に「ホテル トウ 西洞院 京都 バイ ウィズシード(hotel tou nishinotoin kyoto by withceed)」を開業した。

(出典:hotel tou nishinotoin kyoto公式HP)

京都駅から徒歩10分に位置する「ホテル トウ 西洞院 京都 バイ ウィズシード」は「京都の奥深さを表現する」ことをコンセプトにした、こだわり抜かれたデザインが特徴のホテル。光と影、間合い、艶など日本らしい空間美術を活かし、館内の格子や障子から差し込む光やインテリアから「奥行き」のある空間を演出する。また、ホテルは京都駅から徒歩10分、世界文化遺産「西本願寺」と重要文化財「東本願寺」の間に位置するため、京都の歴史や文化の「奥」にまで触れられる。京都でしか体験できない伝統や文化の奥深さを宿泊を通して感じてほしいという思いが込められる。

(出典:hotel tou nishinotoin kyoto公式HP)

ホテルは地下1階地上4階、全121室。客室タイプは定員2名のモデレートツインを中心に、最大定員5名の「touプレミアムツイン」など全10種類が用意される。全ての部屋のベッドはシモンズ社製で揃えられ、室内では無料で高速Wi-Fi が利用可能。和を感じられることを重視したデザインでありながら、機能性も兼ね備えた部屋を実現している。

館内には、朝食からバータイムまで京都の味わいを堪能できる「カフェ&バー オク」が併設される。朝食は、洋食と和食の2種類を選択可能。洋食ではコーヒーロースター「オールプレス・エスプレッソ」のコーヒーが、和食では 京の米老舗「八代目儀兵衛」のお米を中心とした料理が提供される。カフェタイムには享保2年創業の日本茶専門店「一保堂茶舗」の京銘茶を、バータイムには京のお茶や地ビールやワインを味わっても良いだろう。また、宿泊者は大浴場の利用も可能。浴場には大きな窓が備えられ、京都らしい坪庭の風情を楽しむことができる。

(出典:hotel tou nishinotoin kyoto公式HP)

館内に備わる日本庭園や各種蔵書からも京都の「奥」を感じ取れる。具体的には、日本庭園は作庭家・橋本善次郎により「洞穴を抜けた先にある空間」をイメージして作られた。また、館内各所に置かれた本はブックディレクター・幅允孝による選書グループ「バッハ」によりセレクトされている。ガイドブックから美術書まで、あらゆる角度から京都の奥深くまで学ぶことができる。

合わせて読みたい
  • “泊まれる美術館”「アール モン ゼン ...

  • 「MIMARU京都 河原町五条」2020...

  • 「HOTEL THE MITSUI KY...

  • 「IMPREST STAY Tokyo ...

関連記事