ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルリブマックス、全国で新規ホテル大量開業

ホテルリブマックス、全国で新規ホテル大量開業

投稿日 : 2018.09.19

宮城県

静岡県

新規ホテル情報

ホテルリブマックスは、9月15日(土)仙台に「ホテルリブマックス仙台青葉通」を開業、また、9月20日(木)沼津駅前に新規開業を予定。今後、2019年までに合計38店舗もの大量出店を予定する。急拡大するホテルリブマックスの戦略とは。

リブマックス、不動産仲介からホテル事業へ
リブマックスグループは、1998年兵庫県芦屋市で不動産仲介事業を主軸に阪神・淡路大震災後の建設ラッシュのなか事業を開始。

2006年からホテル事業を開始し、現在は短期滞在型のビジネスホテル、中長期滞在型のウィークリー・マンスリーマンション、自社開発マンション、中古物件再生のリノベーション・ コンバージョン、プロパティマネジメント、トランクルーム、コインパーキングにわたる「空間有効活用のエキスパート」として、多岐にわたる不動産事業を展開している。

ホテルリブマックス、全国95店舗展開状況

ホテルリブマックス(リブマックスリゾート含む)の展開状況は全国に広がる。

・北海道:3店舗
・東北(宮城1店舗(本年開業1)、福島1店舗)2店舗
・関東(東京:25店舗(本年開業5)、神奈川:11店舗、埼玉:1店舗、千葉:1店舗、栃木:4店舗、群馬:1店舗、山梨:1店舗)44店舗
・信越・北陸(新潟:1店舗(本年開業1)、長野:2店舗、石川:3店舗)6店舗
・東海(岐阜:2店舗(本年開業2)、静岡:9店舗(本年開業1)、愛知:5店舗(本年開業2軒)、三重:1店舗(本年開業1))17店舗
・近畿(大阪:8店舗、兵庫:6店舗(本年開業1)、京都:3店舗)17店舗
・中国(広島:3店舗)、四国(愛媛:2店舗)、九州(鹿児島:1店舗)

以上、全国で95店舗を開業している。また、そのうち本年内に9月19日現在で新たに開業したホテルは14店舗に及ぶ。

一部キッチン設備、ターミナル駅周辺、低価格

さらに、2019年までに新規開業を予定しているホテルは実に、38店舗にのぼり、2019年末には133店舗に拡大する見込みだ。

直近で開業したのは、9月15日に開業した「ホテルリブマックス仙台青葉通」で、9月20日には「ホテルリブマックス沼津駅前」がこれに続き開業を予定している。
同ホテルの特徴は一部にキッチン設備を導入し、短期滞在だけでなく長期滞在にも対応できるホテル展開を実施していることである。また、不動産事業でのノウハウを生かし、ターミナル駅周辺の好立地の物件を安価に調達し、再生・運営を行なっており、IT活用によるシステム運用、集客、広報を実施することでローコストオペレーションによる低価格を実現している。

出典:リブマックスグループ

メトロエンジンリサーチによると、同ホテルは各ホテルによって価格帯に差があるものの、概ね10,000-15,000円ほどで1泊が客室料金設定されており、駅前に多く出店するルートインや東横イン、アパホテルなどの大手ビジネスチェーンがその競合となっている。また、部屋数としては最大の施設でも200室弱であり、50-100部屋ほどが大半を占めており、ビジネスホテルとしては比較的小規模な施設を展開していることもその特徴と言える。

同グループの従業員数は、1,061 名(契約社員、アルバイト含む(2018年6月現在))、売上高は、214 億円(2018年6月現在)となっているが、急拡大する事業にともない、従業員・売上高ともに急増が予想される。

 

合わせて読みたい
  • プリンスホテルが伊豆に会員制旅館を201...

  • フレンチ懐石の美食旅館「熱海風雅」8月8...

  • 三島駅南口、東西街区で大規模開発決定

  • 「日本全国ホテル数ランキング」でみる都市...

関連記事