ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 埼玉・熊谷「ホテルヘリテイジ」新型コロナ軽症者受け入れ

埼玉・熊谷「ホテルヘリテイジ」新型コロナ軽症者受け入れ

投稿日 : 2020.04.27

埼玉県

ホテル関連ニュース

新型コロナウイルスの感染が拡大し、入院患者が急激に増加した場合に備えるため、埼玉県では無症状者・軽症者の宿泊療養を進めており、(株)ヘリテイジリゾートと新型コロナウイルス感染症の無症状者・軽症者の受入れについて合意に至った。5月1日以降、準備が整い次第、開始する。

受け入れるのはホテルヘリテイジ(熊谷市小江川228、250室)。

同ホテルは、「ホテル」と「ホスピタル」とが語源を同一としている様に、社会・地域貢献のため、医療崩壊抑止のため、この度埼玉県からの要請を受けることとしたという。

メトロエンジンリサーチによると、熊谷市には宿泊施設が25、部屋数にして1,892室が提供されている。

【合わせて読みたい】

アパ「さいたま新都心駅北」新型コロナ患者受け入れ

週末外出自粛の成果とは、感染症対策でホテル活用が突破口へ

今期インフル終息、都内でも大成果、コロナ戦は超長期化か


関連記事