ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテル雅叙園東京「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」

ホテル雅叙園東京「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」

投稿日 : 2018.12.13

東京都

ホテル関連ニュース

ホテル雅叙園東京では、2019年1月18日(金)から3月10日(日)まで「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」を、館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催する。

出典:ホテル雅叙園東京

都内最大級の雛人形展、今年のテーマは青森・秋田・山形

日本各地の歴史ある雛人形が集結する同展は、過去9回の開催で、延べ55万人を超える来場者数を記録する都内最大級の雛人形展。

第10回目は青森・秋田・山形をテーマに、3県8地域より約1,000点の名品が集結。旧家に伝わる優麗な古今雛から、高さ2メートルを越える圧巻の段飾り、手のひらにおさまる極小の雛道具まで、時代を超えて青森、秋田、山形の町々に春の訪れを告げる、雅やかなお雛さまの名品が文化財「百段階段」に集う。

通常は現地でしか出会うことのできない珠玉のお雛さまと展示会場である絢爛豪華な文化財とのコラボレーションとなる。

青森県

・東京初公開!全長16メートル、津軽家の雛道具-弘前[弘前]
・津軽の郷土人形 下川原焼[弘前]
・八戸のお雛さまと段飾り[八戸]
・七戸の旧家に伝わるお雛さま[七戸]

秋田県

・本荘藩主 六郷家の古今雛と極小雛道具[由利本荘]
・本荘ごてんまり[由利本荘]
・湯沢のお雛さま[湯沢]

山形県

・高さ40cm、江戸時代のお雛さま[酒田]
・日本三大つるし飾り「傘福」と酒田雛街道[酒田]
・紅花の郷、河北町の雛まつり[河北町]
・創作人形作家 大滝博子「雛のある風景」[山形]

【「百段雛まつり 青森・秋田・山形ひな紀行」開催概要】

開催期間:2019年1月18日(金)~3月10日(日) ※会期中無休

開催時間:10:00~17:00(最終入館16:30)

入場料:当日1,500円、前売1,200円(館内前売1,000円1/17迄)、学生800円※要学生証呈示、小学生以下無料

会場:ホテル雅叙園東京

後援:外務省、観光庁、青森県、山形県、目黒区、一般社団法人めぐろ観光まちづくり協会

主催:百段雛まつり展実行委員会、ホテル雅叙園東京、公益社団法人八戸観光コンベンション協会、七戸町、弘前市、公益社団法人弘前観光コンベンション協会、由利本荘市観光協会、一般社団法人湯沢市観光物産協会、河北町、一般社団法人河北町観光協会、一般社団法人酒田観光物産協会、酒田あいおい工藤美術館

チケット購入など詳細は公式サイト参照。

【合わせて読みたい】

ホテル雅叙園東京 創業90周年特別企画、百段階段展

目黒雅叙園「いけばな×百段階段 2018」開催

関連記事