ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテルコレクティブ」沖縄・国際通りに今冬開業

「ホテルコレクティブ」沖縄・国際通りに今冬開業

投稿日 : 2019.05.30

沖縄県

新規ホテル情報

嘉新琉球開発合同会社は、沖縄・那覇市の人気観光スポットの1つである国際通りに建設を進める、大型シティホテルの名称を「ホテルコレクティブ」に正式決定、260室の大型シティホテルとして今冬の開業を予定する。

国際色豊か、自然と人の往来を生む「Open the emotion.」

出典:嘉新琉球開発

「ホテルコレクティブ」は、地上13階、地下1階、5階から13階が客室、総客室数は260室。駐車場は地下1階、立体駐車場合わせて150台完備。

沖縄は、琉球王国としての伝統とともに、台湾、中国、タイ、そしてアメリカの文化を取り入れ、日本の感性を融合した独特の文化を持つ地域。

「ホテルコレクティブ」は、その沖縄の多様性に富んだ文化を取り入れ、国内外の観光客が集まる国際通りという国際色豊かな場所で、自然と人の往来を生む、今までにないラグジュアリーで、ぜいたくな癒しの空間を提供する。

スローガンは、「Open the emotion.」。「ホテルコレクティブ」の洗練されたホテル空間と、活気に満ちた地元カルチャーの数々の大胆な融合が訪れる人の心と体を飽きることなく刺激し、まだ動いていない感情を呼び覚ますという。

館内施設は、都市型リゾートホテルとして、大・中の宴会場をはじめ、レストラン、国際通り沿いでは唯一となる屋外プールとチャペル、さらに、スパ、フィットネスなどを完備。国際通り沿いでは唯一の大型宴会場には300インチの大型LEDディプレイを完備しており、国内外からの大型MICEの受入も可能となる。

那覇空港からゆいレールに乗車して「県庁前」駅から徒歩7分という立地で、アクセスも良好だ。

出典:嘉新琉球開発

【同ホテル 概要】
名称:ホテルコレクティブ
開業日:今冬
所在地:沖縄県那覇市松尾
構造:鉄骨造(地上13階、地下1階)
客室数:260室
付帯施設:宴会場(大・中)、レストラン、屋外プール、チャペル、スパ、フィットネス等

沖縄県那覇市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、那覇市には宿泊施設が374、部屋数にして19,338室が提供されている。新規開業予定は5施設、部屋数にして1,090室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同社の「コレクティブ」ブランドのホテルは、この沖縄を出発点として、今後、国内外に展開していく予定だという。

【合わせて読みたい】

DMMかりゆし水族館(2020年4月開業予定)の実施設計完了

大和ハウス「沖縄豊崎タウンプロジェクト(仮)」

ホテルJALシティ那覇、総支配人に中西 玄七郎氏が就任

ヒルトン・グランド・バケーションズ、沖縄に新販売拠点

関連記事