ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテル龍名館「ホテル 1899東京」新橋虎ノ門に12月1日開業

ホテル龍名館「ホテル 1899東京」新橋虎ノ門に12月1日開業

投稿日 : 2018.11.28

東京都

新規ホテル情報

ホテル、レストラン運営の老舗、1899年創業の龍名館は、「お茶」をテーマに、日本らしさを打ち出した「ホテル 1899東京」 を、新橋・虎ノ門エリアに、12月1 日(土)に開業。 同社が創業期以来、約100年ぶりに用地を取得し、建設するホテルで、創業年を冠したブランド 「1899」の第1号ホテル。

出典:ホテル 1899東京

「茶屋をイメージした庵 」をコンセプトにした客室

ホテル、レストラン運営の老舗、1899年創業の(株)龍名館は、「お茶」をテーマに、日本らしさを打ち出した「ホテル 1899(イチハチキュウキュウ)東京」 (1 泊 2.3 万円~)を、新橋・虎ノ門エリア(港区新橋 6-4-1)に、2018年12月1日(土)に開業する。

同社が創業期以来、約100年ぶりに用地を取得し、建設するホテルで、創業年を冠したブランド 「1899」の第1号ホテル。敷地面積は約370平米で、地上9階建て(延べ床面積約2,400平米)、客室数は63室。

1階には、抹茶やほうじ茶を使った和洋の総菜を提供する、「日本茶」をテーマにしたレストラン&デリカテッセン「DELI&BAR1899 東京」を開業(レストランのオープン時期は12月中旬以降)。

建物は、世界的な建築デザイン会社(ゲンスラー・アンド・アソシエイツ・インターナショナル・リミテッド) が、「現代的に解釈された茶屋体験」をコンセプトに手掛ける。

ホテルの客室(3F-9F)は、「茶屋をイメージした庵 (いおり)」をコンセプトにした、個性的な4種類のデザイナーズルームを用意。

部屋タイプは、ダブルとツインルーム(2人1室)のみ。 2 階のフロントでは、茶釜で淹れた日本茶でもてなすスペースを設けるなど、随所で「茶屋体験」できるホテル。 銀座・六本木・丸の内など人気の観光地に近い好立地なのも特長。

羽田空港からタクシーで約20 分の近さで、JR やメトロなど 4 駅が徒歩圏内にありアクセスも良い。国内利用(観光、ビジネス)のほか、急増している訪日外国人もターゲットに運営する。

出典:龍名館

東京都港区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、同ホテルが開業する港区には宿泊施設が156、部屋数にして28,329が提供されている。

新規開業予定は33施設、4,588部屋と激増を予定している。

出典:龍名館

【合わせて読みたい】

藤田観光、宿泊特化型新ブランド「HOTEL TAVINOS」誕生

相鉄フレッサイン、田町に2店舗目、2020年夏開業

近畿・都ホテルズ「都シティ 東京高輪」2019年2月11日開業

【ホテル開発ランキング】東京都23区新規ホテル開発数トップ10

関連記事