ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星のや東京、舟上で朝食を楽しむ「東京・夏の朝の舟あそび」

星のや東京、舟上で朝食を楽しむ「東京・夏の朝の舟あそび」

投稿日 : 2019.03.11

東京都

ホテル関連ニュース

日本旅館「星のや東京」は、2019年6月1日から9月10日に、爽やかな朝にシャンパーニュと川岸で受け取る焼き立てパンの朝食を楽しむ「東京・夏の朝の舟あそび」を今年も開催する。勝どき桟橋より貸切の舟に乗り、シャンパーニュを味わいながら隅田川から亀島川を巡る。

クルージングの途中には、川岸に店を構えるベーカリーに立ち寄り、焼き立てパンが入った朝食を受け取る。浜離宮恩賜庭園横の穏やかな場所に移動し、江戸時代から続く美しい庭園を眺め、舟の上で朝食を楽しむことができる。

水上で涼を感じながら、舟上でシャンパーニュと朝食を楽しむ

出典:星野リゾート

東京・夏の朝の舟あそびは、星のや東京から車で10分の中央区晴海に位置する勝どき桟橋から出発し、隅田川から亀島川に向かう。途中、亀島川沿いの「カワイイブレッド&コーヒー」に立ち寄り、舟に届けられる岡持ちに入った朝食セットを受け取る。浜離宮恩賜庭園を望む舟の上で、焼き立てパン、牧場直送のチーズやサラダなどの朝食をシャンパーニュとともにゆっくりと味わうことができる。

出典:星野リゾート

水の都・江戸に思いを馳せる

江戸の町は、物資や人を運ぶための高度な水運機能を持つ「水の都」として栄えた。水路を中心に問屋や市場が生まれ、周辺には飲食店が広がり、活気にあふれた江戸の町で、人々は水辺に多くの楽しみを見出した。四季折々の豊かな水辺の風景を舟から眺めて楽しむ「舟あそび」がその一つ。

星のや東京では、川沿いの景色に未だ残る江戸の風情を感じつつ、日常から離れて優雅で贅沢な夏の朝のひとときを過ごしてほしいという思いから、同アクティビティを開発したという。

出典:星野リゾート

【「東京・夏の朝の舟あそび」概要】

期間:2019年6月1日~9月10日(除外日:月・火・水)
時間:7:00〜9:00(乗船時間 90分)
集合・解散場所:勝どき桟橋
定員:1日1組4名(最少催行人数2名)
料金:2名 103,000円、3名 118,000円、4名 132,000円(税・サービス料10%別、宿泊料別)
含まれるもの:クルージング(貸切)、 飲み物(シャンパーニュハーフボトル・ソフトドリンク)、 朝食(パン・チーズ・サラダ・スープ等)
予約:ホームページより14日前までに予約
対象:星のや東京宿泊者限定

【合わせて読みたい】

星のや東京「英AHEADグローバルアワード2019」2部門受賞

星のや東京 「江戸の女性の嗜みと美への意識を学ぶ」

星のや東京、人力車と舟から眺める「東京・夜桜舟あそび」

星のや東京「脱デジタル滞在~武士の鍛錬~」

関連記事