ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 星野リゾート、茨城県水戸市 「偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上計画策定業務」受託

星野リゾート、茨城県水戸市 「偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上計画策定業務」受託

投稿日 : 2019.06.13

茨城県

ホテル関連ニュース

星野リゾートは、茨城県が発注する「平成31年度偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上計画策定業務委託」に係る企画プロポーザルに応募、この度、委託先事業者として選定され、茨城県と業務委託契約を締結した。

茨城県では、茨城県水戸市にある偕楽園歴史館エリアの魅力的かつ実効性ある観光振興計画を策定するべく、民間事業者のアイデアを盛り込むことを目的としてプロポーザルを実施し、審査の上、同社を委託先事業者として選定した。

茨城県水戸市は、水戸藩の藩主であった水戸黄門こと徳川光圀や、水戸納豆で知られている。また当該エリアには、早春に約100種類3,000本の梅が咲く日本三大庭園である偕楽園や、景勝地として知られる千波湖およびそれらを含む世界第2位の広さの都市公園である偕楽園公園がある。

星野リゾートはこれらの資源に大きな魅力と潜在力があり、地域魅力を活用したこれまでのリゾート運営の経験が活かせると考え、応募したという。

主な業務としては、現状分析と課題整理、観光誘客方策の検討、県有施設を活用した観光魅力向上計画の策定を行う。

今後、星野リゾートは、2019年10月末の観光魅力向上計画の提出に向けて、偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上計画の具体化を進め、茨城県及び水戸市の観光イメージの向上に寄与したい考え。

出典:偕楽園

出典:茨城県立歴史館

【合わせて読みたい】

外務省、駐日外交団の茨城県視察ツアー

三菱地所「大手町縁日 令和元年」8月8・9日、星のや東京協力

日本政策投資銀行、星野リゾートとの共同運営ファンドを通じ「OMO7 大阪新今宮」開発へ投資

星のや京都、渓谷にぽつんと浮かぶ「奥嵐山の月明かり舟」

関連記事