ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 香港海洋公園マリオット・ホテル、2019年初グランドオープン

香港海洋公園マリオット・ホテル、2019年初グランドオープン

投稿日 : 2018.11.05

海外

新規ホテル情報

世界各国に30ブランドを展開するマリオット・インターナショナルは、10月29日に麗新グループ(Lai Sun Group、麗新集団)、香港海洋公園(Ocean Park Hong Kong)とともに香港海洋公園マリオット・ホテル(471部屋)をソフト開業、来年初めにグランドオープンを予定する。

出典:香港海洋公園マリオット・ホテル

ビジネスやレジャーのゲスト双方へアドベンチャーを提供

このたびソフト開業した香港海洋公園マリオット・ホテルは、持続的な未来や環境への負担削減へ積極的に貢献するために、夏でも建物を涼しく保つ省エネ素材をホテル正面のデザインに採用するなど、多くのエコシステムを取り入れている。さらに、雨水を収集するエリアや垂直植林システムもホテル全体を通して採用しているほか、自然と人々とのつながりを広げるべく、香港海洋公園との協力のもと、全ての年代のゲストに向けた、環境教育プログラムを今後開始する予定。
家族旅行を念頭に置き、リゾート施設として核となるのは、子ども用プールが隣接する広大なラグーンプール。

このプールには、プール周辺を囲む3つのホテル棟や4つのレストラン・レジャー施設から簡単にアクセスすることができる。

出典:香港海洋公園マリオット・ホテル

同ホテルは、ピア棟、クラブ棟、マリーナ棟の3つの棟から構成される。全室禁煙の471室のコンテンポラリーなゲストルームやスイートルームは、流線形のインテリア、広々とした自然光の入る空間、海にインスピレーションを受けたデコレーションなどモダンなマリオットの特色を取り入れている。

クラブ棟のインテリアは国際的に有名なインテリアデザイナー、ピーター・レメディオス(Peter Remedios)が手掛け、ゲストを温かく迎え入れる自然色のカラートーンやモダンな家具を採用。

クラブ棟については、来年初めにオープン予定となっており、それを持って同ホテルのグランドオープンとなる。

出典:香港海洋公園マリオット・ホテル

同ホテルには4つのレストランとバーがあり、素晴らしい眺めを望む屋外エリアを完備、華麗な食事体験を楽しめるようデザインされている。
都市の中に佇む同ホテルは、香港島内で最大の1,200㎡のピラーレスの舞踏室や、議題に合わせて構成することのできる柔軟な会議スペース、ウエディング会場など、革新的な空間を備える。

出典:香港海洋公園マリオット・ホテル

仕事や観光などイベントが終わった一日の後には、屋外ラグーンプールでリフレッシュしたり、香港初のタイ発の人気スパブランド「ハーンヘリテージスパ(Harnn Heritage Spa)」にて疲れた身体に活気を取り戻したり、フィットネスセンターにてストレス発散をすることができる。
ホテルのロケーションは市街地へのアクセスに適しているとともに、海洋公園に隣接しておりハイキング・ジョギングにも便利なアクセス。

住所:80 Wong Chuk Hang Road, Aberdeen 香港, 中国

出典:香港海洋公園マリオット・ホテル

【合わせて読みたい】

JWマリオットとリッツ・カールトンが2021年スリランカ開業

マリオットがインド100店舗目をオープンー数年以内に150店舗へ拡大戦略

ハワイ・マリオット系列5ホテルでストライキ続く

上海虹橋国際空港、顔認証自動チェックインを導入

関連記事