ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「東急ステイ函館朝市 灯の湯」4月26日開業

「東急ステイ函館朝市 灯の湯」4月26日開業

投稿日 : 2021.01.15

北海道

新規ホテル情報

東急リゾーツ&ステイ株式会社は「東急ステイ函館朝市 灯の湯(所在地:北海道函館市大手町22番1-1号、客室数:175室)」を2021年4月26日(月)に開業することを発表した。

朝食は提携の函館朝市の13店舗からメニューを選べる

「東急ステイ」は同社が全国で開発運営するホテルで同ホテルで北海道エリア3店舗目。また同ホテルは露天風呂付き温泉大浴場を付帯する店舗として、2020年4月に岐阜県高山市にて開業した「飛騨高山 結の湯」に続く2店舗目となる。

同ホテルは函館駅から徒歩4分の場所に位置しており、函館観光の目玉「函館朝市」に隣接している。朝食は提携する「函館朝市」の13店舗から朝市ならではのメニューを選ぶことが可能だ。五稜郭や函館山などの観光名所へのアクセスにも優れていることから、旅行・観光に最適なホテルと言える。

総客室数は175室。穏やかな海原を表現した「Calm~凪~」と、灯火の暖かな光を表現した「Glow~瞬き/ともし火~」の2つのテーマで構成。心のともしびや自然との調和をCasual×Retroなインテリアで構築している。また上層階のラグジュアリーツイン(7室)では函館湾を眺望できる温泉付き半露天風呂を用意。ミニキッチン付きの客室では函館朝市にて購入した新鮮な食材で簡単な料理を楽しむことができるなど、個性的な客室も用意している。

最上階18階には函館湾を一望(西側露天風呂)できる男女別の温泉大浴場がある。西側の露天風呂は海や自然の景色と一体となったようなお風呂「インフィニティ風呂」となっており、湯船に浸かりながら絶景を楽しむことができる。

17階にはラウンジ「灯」がオープン。函館山はもちろん、函館湾や金森赤レンガ倉庫群を見渡すことができる。吹き抜け空間には”LIGHT HOUSE IN LIVING ROOM”をコンセプトに、大きさの違うグローブペンダント照明を設置し、東大に見立てた空間となっている。

<同ホテル概要>
所在地:北海道函館市大手町22番1-1号
客室数:175室
付帯施設:露天風呂付き温泉大浴場、ラウンジ、駐車場
アクセス①:JR北海道函館線「函館駅」より徒歩4分
アクセス②:函館市電「函館駅前」より徒歩5分
公式サイト:https://www.tokyustay.co.jp/hotel/HAA/

合わせて読みたい
  • 北海道 定山渓ビューホテル来年2月に休館...

  • ルスツリゾートのホテル「The Vale...

  • 札幌で独自の宿泊割引『サッポロ冬割』が実...

  • 夕張リゾートが破産申請 コロナ感染拡大に...

関連記事