ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ヒルトン、世界初の海中レジデンス「ザ・ムラカ」開業

ヒルトン、世界初の海中レジデンス「ザ・ムラカ」開業

投稿日 : 2018.12.13

海外

新規ホテル情報

ヒルトンは、「コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド」内に世界初の海中レジデンス「ザ・ムラカ」を開業。最新デザインと最新テクノロジーを駆使し、インド洋の海上からも海中からも非日常を味わう体験ができる、世界の洗練された冒険家の心を満たすレジデンス。

出典:コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド

モルディブで最高のラグジュアリーリゾート

「ザ・ムラカ」の設計者であるクラウンカンパニー(Crown Company)ディレクターのアーメッド・サレーム(Ahmed Saleem)氏は次のように述べた。「『ザ・ムラカ』が完成したことは、私の生涯での偉業と言えるでしょう。長い建設期間を経て、『ザ・ムラカ』のレジデンスを正式にご紹介できること、非日常的な体験を求める世界中のお客様にレジデンスでモルディブらしい体験をしていただけることをチーム一同、誇りに思います。」
「ザ・ムラカ」では、顧客の様々な要望に応えるため、一人ひとりにカスタマイズした同レジデンスの顧客のためだけの体験メニューを4つ用意している。「The Wanderers(冒険)」「The Flavors(フレーバー)」「The Soul(癒し)」「The Thrill(スリル)」とは旅の特質を表すメニューで、新しい視点から息をのむような自然を体験するといった、一生に一度の経験を提供。
「ザ・ムラカ」に滞在する顧客には複数の専任バトラーがつき、レジデンス内で顧客が快適に過ごせるよう、顧客一人ひとりに合わせてきめ細やかに対応。24時間対応のバトラーは、顧客にモルディブで良い思い出作りをしてもらえるよう、コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランドの大使として顧客のガイド役となり、最高のサービスを提供する。
さらに、文化、環境、冒険に深い造詣をもつバトラーが、「ザ・ムラカ」やモルディブで体験できるオプションについて、顧客に案内することも可能。プライバシーを尊重することや、特別な食事の手配、心を満たす旅の計画の手伝いなど、多くの体験をしてもらうために顧客の幅広い要望に応える。
コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド総支配人のステファノ・ルッツァ(Stefano Ruzza)氏は次のように述べている。「『コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド』は、これまで何度もイノベーションを起こしてきました。世界初の海中レストラン『イター アンダーシー(Ithaa Undersea)』にはじまり、この度の世界初の海中レジデンス『ザ・ムラカ』と、これからも世界中を旅する博識なお客様を魅了するような施設づくりを目指し、私たちは引き続き努力して参ります。」
「ザ・ムラカ」のあるコンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランドでは、「デラックス・ビーチ・ヴィラ」も11月に新しく生まれ変わった。

「ザ・ムラカ」の共同デザイナーである日本人のユージ・ヤマザキ氏が同ヴィラもデザインし、自然を存分に堪能できる、コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランドの中でも最も人気のあるヴィラのひとつ。

42ものアワードをこれまで受賞している「デラックス・ビーチ・ヴィラ」に、830万米ドルを投資して再開発を行い、顧客を惹きつけ感動を呼び起こすような空間づくりを目指した。

ヴィラは熱帯の動植物が生育する環境の中にあり、プライバシーも尊重されている。自然豊かで控えめなインテリアが広々としたリビングエリアのアクセントとなっており、自然光と屋外のソファエリアの日本風の庭がヴィラ内を明るくしている。近くにヤシの木で飾られたプライベートビーチも同ヴィラの特徴的なデザインの一つとなっている。

【合わせて読みたい】

マリオット・ウエスティンホテルがモルディブに初開業

創業100周年を迎えるヒルトン、世界を変えたインパクト調査

関連記事