ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東広島市観光案内所でロボットを活用した観光案内

東広島市観光案内所でロボットを活用した観光案内

投稿日 : 2018.11.28

広島県

インバウンド

東広島市とシャープは、東広島市観光案内所(JR西条駅2階)において、シャープのモバイル型コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した観光案内サービスを、このほど開始した。

出典:RoBoHoN

会話のできるモバイルロボット「ロボホン」

東広島市が実施するIoT活用による産業振興施策において、コミュニケーションロボットを観光振興施策に活かそうと試みるもの。ロボット観光ガイドの選考にあたり、「IoT活用による産業振興に係るロボット機種選定委員会」が設置され、シャープの「ロボホン」が選定された。

ロボット観光ガイドは、近年増加している外国人観光客に向けて多言語で東広島市の観光案内を行い、東広島市内における周遊を促進する。また、観光博覧会といった展示会等の会場へも設置され、東広島市のPRの一環としても活用される。

「ロボホン」が、東広島市の観光地や特産品について音声で案内。「日本語」「英語」「中国語(簡体)」に対応し、話しかけられた挨拶に合わせて言語が自動で切り替わる。また、タブレット端末が接続されているので、写真や動画を用いて説明ができる。さらに、ダンスや歌、会話なども楽しめる。

「ロボホン」は、会話のできるモバイル型ロボット。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小型のサイズ(身長約19.5cm)を実現し、外出先にも持ち運んで使用できる。身振り手振りを交えての会話や、内蔵のカメラや小型プロジェクターを使い、様々な用途活用が可能。

東広島市ホテル展開状況
メトロエンジンリサーチによると、広島県東広島市には宿泊施設が29、部屋数にして1,627が提供されている。

親切開業予定は確認できなかった。

東広島市には酒蔵が密集しており、酒蔵通りの町散策に人気がある。

東広島市観光案内所の写真

出典:東広島市観光案内所

【合わせて読みたい】

トランスコスモス、JR東日本と案内AI共同実証実験

関連記事