ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日本最大規模「HCJ2020」2月18-21日、幕張メッセで開催

日本最大規模「HCJ2020」2月18-21日、幕張メッセで開催

投稿日 : 2020.02.05

千葉県

ホテル関連ニュース

一般社団法人日本能率協会(JMA)は、2月18日(火)から21日(金)まで、ホテルやレストラン等、ホスピタリティとフードサービス業界における国内最大の商談専門展示会「国際 ホテル・レストラン・ショー」「フード・ケータリングショー」「厨房設備機器展」(総称「HCJ2020」)を幕張メッセにて開催。

インバウンドや環境、観光関連の新製品サービス技術が多数!

出典:HCJ2020

2年連続で3,000万人を突破した訪日外国人観光客数、ますます高まるインバウンド需要に応える製品・サービスの開発が期待されている。一方で、SDGsの観点からも対策が急務となっている環境問題、ホスピタリティ・フードサービス業界における人手不足等、解決すべき課題も多くある。

HCJでは、訪日外国人観光客に向けた観光、防犯、にっぽんのおみやげ、ハラール等の関連製品、環境への負担を抑えるエコ製品、人手不足解消や生産性向上に寄与する AI やロボット等の次世代技術など、ホスピタリティ・フードサービス等が抱える課題の解決につながる新製品・サービスを携えて、約1,000社が出展する。

今回のHCJには、3つの新企画ゾーンが登場。

1「グランピング TOKYO」では、ホテル代わりにな る豪華かつエコな「サファリテント」、グランピングで活躍する「調理窯」や、グランピング経営のた めの「グランピング施設開業支援・集客サービス」等が出展され、近年高まるグランピング人気を後押する。

2「環境配慮・エコチャレンジ製品ゾーン」では、海洋汚染対策に有効な「生分解性」製品 や、一般回収ペットボトルを材料とした「リサイクル PET 製食器」等、SDGs に関心を寄せるバイヤー 必見の製品・サービスが勢揃いする。

3「働き方改革支援ツールゾーン」では、勤務予定表を自動作成する「勤務シフト作成サービス」や、インターネット上で発注・受注を行える「WEB 受発注システム」等、サービス・飲食業界に生産性向上をもたらす製品・サービスが出展される。

また、業界の最新トレンドを知る多彩なセミナーイベントが連日開催される。

出典:HCJ2020

【HCJ2020 概要】

会期:2月18日(火)〜2月21日(金) 10:00〜17:00(最終日は16:30まで)

会場:幕張メッセ 国際展示場 1〜8 ホール 入場登録料:¥3,000(事前登録可能な「招待状」持参者は無料。ただし、一般の人、16歳未満の人は入場不可)

展示規模:約1,000社 / 2,600 ブース(予定)

来場登録者数:68,000名(同時開催展含む)予定

出典:HCJ2020

【合わせて読みたい】

大盛況!「国際ホテルレストランショーHCJ2019」本日閉幕

本日開幕!「国際ホテルレストランショー HCJ2019」今年のトレンドと見ドコロは

関連記事